ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす港湾課日本初45ftコンテナ輸出

日本初45ftコンテナ輸出

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年9月27日更新

45フィートコンテナ荷役状況(平成23年9月15日) 

日本で初めて45フィートコンテナが公道輸送され、9月15日に北米に向けて輸出されました。これは、宮城県が国に申請していた「みやぎ45フィートコンテナ物流特区」が本年3月25日に構造改革特区として認定されたことを受けて、荷主企業である東洋ゴム工業株式会社及び輸送会社が日本で初めて商業ベースでの運用を開始したものです。今後、仙台塩釜港では45フィートコンテナによる輸出が継続的に行われるほか、さらなる利用拡大が期待されます。

45フィートコンテナ物流特区とは

コンテナ荷役作業の様子写真です
45フィートコンテナを運搬するストラドルキャリア
コンテナ荷役作業の様子写真です
ガントリークレーンによる荷役
45ftコンテナの写真です
国内初45フィートコンテナ実用化スタート
コンテナ船の出航の様子の写真です
45フィートコンテナを積載した船舶の初出航