ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 東日本大震災で両親が死亡・行方不明のお子さんを親族が育てる場合の経済的支援一覧

東日本大震災で両親が死亡・行方不明のお子さんを親族が育てる場合の経済的支援一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月12日更新

1 公的機関による支援

 (1)給付

名称

支給対象

申請窓口

支給額

支給時期等

被災者生活再建支援金

震災で住宅が全壊、解体や大規模半壊となった世帯

被災時に居住していた市町村

・全壊100万円・解体100万円
・大規模半壊50万円※住宅の再建方法により50万~200万円の加算あり

各市町村にお問い合わせください

災害弔慰金

震災で死亡した方のご遺族
(配偶者、子、父母、孫、祖父母)

・生計維持者が死亡した場合500万円・上記以外の方が死亡した場合250万円

宮城県災害
義援金

震災による死亡者、行方不明者又は震災孤児及び住家が全壊、大規模半壊又は半壊した世帯(国の認定基準に基づき市町村が認定する世帯)

・死亡又は行方不明者118.5万円/人
・災害障害見舞金支給対象者23.5万円/人
・住家全壊109万円/世帯・住家全壊(津波浸水区域)147万円/世帯
・住家全壊(津波浸水区域+仮設住宅未利用世帯)157万円/世帯
・住家大規模半壊81.5万円/世帯
・住家大規模半壊(津波浸水区域)104.5万円/世帯               ・住家大規模半壊(津波浸水区域+仮設住宅未利用世帯)114.5万円/世帯
・住家半壊54万円/世帯・世帯半壊(津波浸水区域)68万円/世帯
・震災孤児50万円/人
・母子・父子世帯36万円/世帯
・高齢者施設・障害者施設入所者等26万円/人

年金

遺族基礎年金

国民年金や厚生年金の加入者などが死亡した場合、子どもに給付(18歳になる年の年度末まで)

日本年金機構の年金事務所

月額65,008円+子の加算

年6回(2月、4月、6月、8月、10月、12月)2か月分ずつ給付

遺族厚生年金

厚生年金の加入者などが死亡した場合、子どもに給付(18歳になる年の年度末まで)

加入期間や給料に応じて異なる

死亡した加入者が保険料納付要件
(加入期間の2/3以上の保険料納付又は免除)を満たしている必要がある

労災
(遺族補償年金など)

労働者が仕事中や通勤中に地震や津波が原因で死亡した場合、子どもに支給(18歳になる年の年度末まで)
※正社員だけでなく、契約社員やパートの人なども対象

宮城労働局又は労働基準監督署

労働者の賃金に応じて異なる

児童扶養手当

両親が死亡・行方不明の場合、その子どもを育てる人に給付(子どもが18歳になる年の年度末まで)
※ただし、子どもや養育者が受給している公的年金等の受給額が児童扶養手当の受給額よりも高い場合、子どもが里親に委託されている場合は支給されません。

市町村

・児童1人の場合(月額)      全部支給:42,000円         一部支給:41,990円           ~9,910円

・児童2人以上の場合        2人目:5,000円の加算       3人目以降1人につき       :3,000円加算

年3回(4月、月、12月)
4か月分ずつ給付

児童手当

子どもを育てる人に給付(15歳になる年の年度末まで)

市町村

・3歳未満
   一律月額15,000円       ・3歳以上小学校修了前
       月額10,000円 (第3子以降は15,000円)
・中学生  一律月額10,000円     ※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は,特例措置として一律月額5,000円を支給

年3回(6月、10月、2月) 4か月分ずつ給付    

里親

 

親族里親(祖父・祖母等)

両親が死亡・行方不明等で、その子どもを子どもの扶養義務者(民法第877条)及びその配偶者である親族が育てる場合、その親族に給付(原則18歳の誕生日まで、20歳まで延長可)

児童相談所

食費や洋服代として月額48,950円のほか、教育費等

毎月給付

養育里親(おじ・おば等)

両親が死亡・行方不明等で、その子どもを子どもの扶養義務者以外の親族が育てる場合、その親族に給付(原則18歳の誕生日まで、20歳まで延長可)

食費、洋服代、手当として月額120,950円のほか、教育費等

東日本大震災みやぎこども育英基金
支援金・奨学金

宮城県内に住所を有した父母等が,東日本大震災により死亡又は行方不明となった未就学児,児童,生徒等

〇未就学児→宮城県子育て支援課
〇県内の小中学校,高校に在籍している方→在籍している学校 
〇県外の小中学校,高校に在籍している方→宮城県教育庁総務課
〇県内外を問わず,大学,専修学校に在籍している方→宮城県教育庁総務課

・未就学児 月額10,000円 一時金(小学校入学時)100,000円
・小学生 月額10,000円 
一時金(小学校卒業時) 150,000円
・中学生 月額10,000円 一時金(中学校卒業時)200,000円
・高校生 月額20,000円               一時金(高校卒業時)600,000円              ・大学,短期大学,専修学校   月額30,000円

月額金は年2回(7月、1月)
6か月分ずつ給付一時金年1回(未就学児3月、児童・生徒等6月)

 (2)貸与

名称内容申込窓口

高等学校等育英
奨学資金貸付

◎育英奨学資金(通常分・要返還)
 公立高校1.8万円/月(自宅通学者)
 公立高校2.3万円/月(自宅外通学者)
 私立高校3.0万円/月(自宅通学者)
 私立高校3.5万円/月(自宅外通学者)
◎育英奨学資金(被災生徒奨学資金・要返還)
 2.0万円/月(※返還免除制度有)

問い合わせ先
 宮城県高校教育課調整班
 TEL:022-211-3716
申込み先
 現在在学している高等学校

2 民間による支援

支援団体名等支援内容問い合わせ先
朝日新聞厚生文化事業団

◎こども応援金(返還不要)
 未就学児・小学生300万円、中学生200万円、高校生150万円

※2012年4月以降も随時受付

「朝日新聞厚生文化事業団」
〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5540-7446
FAX:03-5565-1643             ホームページ: http://www.asahi-welfare.or.jp/

あしなが育英会

東日本大震災・津波
・特例一時金
・特例奨学金             

※受付終了

◎特別一時金(返還不要)
 200万円(就学区分なし)

◎奨学金(要返還)
 公立高校2.5万円/月、私立高校3万円/月、大学(専修・各種学校含む)4万円/月、大学院生8万円/月

※申込期限 2012年9月30日まで

「あしなが育英会」
〒102-8639
東京都千代田区平河町1-6-8
TEL:0120-77-8565
TEL:03-3221-0888
FAX:03-3221-7676

公益財団法人奥田育英会

※受付終了

◎育英金(返還不要)
 一人当たり50万円を限度(対象:平成23年3月11日現在 宮城県内の小中学校、高校に在学、かつ申請時現在、宮城県内外の小中学校、高校に在学中の方)

※申請期限
2011年10月31日まで
(第1期)
同年11月1日から2011年12月31日まで(第2期)2012年1月1日から4月30日まで(第3期

「公益財団法人 奥田育英会」
〒640-8137
和歌山県和歌山市吹上2-1-22-8F
TEL:073-433-9140

MUFG・ユネスコ協会
東日本大震災復興育英基金

※受付終了

◎一時金(返還不要)
 10万円(小学生・中学生・高校生対象)

◎奨学金(返還不要)
 2万円/月(小学校・中学校・高校の在学期間中)

「MUFG・ユネスコ協会東日本大震災復興育英基金運営委員会事務局」
TEL:03-5424-1121(平日9時30分~17時30分)

※2013年5月10日から6月10日。2014年4月に小学校入学児童は改めて募集

社会福祉法人中央共同募金会

(H25.3.1~高速道路交流推進財団より引継ぎ)

◎修学資金の給付(返還不要)
 28.2万円/年(対象:小学校・中学校・高校・専修学校・大学在学中の方)

「社会福祉法人中央共同募金会」
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-3-2新霞ヶ関ビル5F
TEL:03-3581-3846             ホームページ: http://www.akaihane.or.jp/

日本学生支援機構
・第一種奨学金(無利息)
・第二種奨学金(利息付)

◎奨学金(要返還)
(貸与例)
 公立大学4.5万円/月、私立学校5.4万円/月(いずれも自宅通学で第一種[無利息]の場合)

現在在学している学校

ライオンズ震災遺児奨学金

※受付終了

◎奨学金(返還不要)
 小中学校1.5万円/月,高校2万円/月
 小・中学校・高校生 合計50名以内を対象

※受付期間2011年8月1日~9月30日

「ライオンズ震災遺児奨学会委員会」
TEL:022-214-1111 
(ICT法務・会計パートナーズ)

NPO法人JETOみやぎ

◎給付金支給(返還不要)
 震災孤児を対象(19歳まで年1回定額支給)
 給付予定年数により給付金額を決定 

※随時募集

「JETOみやぎ運営事務局」
〒983-0035
仙台市宮城野区日の出町2-5-4
(株式会社 清月記内)
TEL:022-782-0303               FAX:022-782-5778

全国里親会

※受付終了

◎一時金支給(返還不要)
 震災でご両親を亡くされたお子さんと生活を共にしている方を対象(ひとり親家庭で、震災により 親を亡くされたお子さんも含む) 養育する子ども一人当たり7万円

◎第二次支援金
 上記一時金に加えて,養育する子ども一人当たり10万円を給付

「宮城県なごみの会(里親会)」
〒980-0011
仙台市青葉区上杉1-2-3
宮城県社会福祉協議会内
TEL:022-263-4144

「仙台市ほほえみの会(里親会)」
〒980-0022
仙台市青葉区五橋2-12-2仙台市社会福祉協議会内
TEL:022-223-2010

日本財団

※受付終了

◎弔慰金・見舞金
 1人当たり5万円

 ※受付期間2012年3月30日まで

「日本財団災害支援センター」
TEL:0120-65-6519

アシックス◎スポーツ用品提供
 震災孤児を対象に、アシックスのスポーツ用品を満19歳になるまで、毎年、継続的に提供します。(提供商品は年間10万円を上限とします。また、本人使用分に限ります。)

「株式会社アシックス グローバル法務・コンプライアンス統括部CSR・サステナビリティ推進室トゥモローチーム」
〒983-0047
仙台市宮城野区銀杏町19-2
アシックス販売株式会社東北支社内
TEL:022-765-6291
FAX:022-291-2145
ホームページ:http://corp.asics.com/jp/csr/a-bright-tomorrow-through-sport

NPO法人 フローレンス

※活動終了

希望のゼミ(被災地の中高生向け 無償学習進学サポート)
◎無償「学習室」の利用・学習相談

「NPO法人フローレンス希望のゼミ事務局」                      〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-8-4
第二プレシーザビル502号
TEL:03-5275-1161           ホームページ:http://kibounozemi.jp/about.html

公益財団法人みちのく未来基金

◎奨学金(返還不要)
 2012年3月以降に高校を卒業し進学を希望する震災孤児遺児を対象に,大学・短期大学・専門学校の入学金,授業料,その他必要となる実費等を全額給付。
 年間の給付金上限は300万円。

※申込締切 2015年6月末日。ただし,個別に相談を受け付けることもあり。

「公益財団法人みちのく未来基金」
〒981-3135
仙台市泉区八乙女中央5-10-8八乙女ユナイトビル2F
TEL:022-343-9996
FAX:022-343-9997                      ホームページ:http://michinoku-mirai.org

ロータリー 希望の風奨学金

◎奨学金(返還不要)
 震災で保護者を亡くした災害遺児で,大学生(短大生含)または専門学校生であること。平成23年度は30名に給付 月額5万円

※随時受付

「ロータリー東日本大震災青少年支援連絡協議会」
〒104-0031
東京都中央区京橋2-11-8
全医協連会館1F
TEL・FAX:03-5250-2050
ホームページ:http://kibounokaze.com/index.html

東日本大震災被災者応援 愛知ボランティアセンター「震災孤児遺児応援金」

  ※受付終了

◎応援金(返還不要)
 2011年度18歳以下(定時制高校生は19歳以下も可)で,東日本大震災による直接的,間接的な理由でご両親(のどちらか),又は保護者を亡くされた方を対象に,高校を卒業するまで応援金を給付。 
 年1回,2~3万円程度(寄せられた応援金を申請者で割ります)
 ※申込締切 2012年2月末日
「東日本大震災被災者応援 愛知ボランティアセンター」
〒456-0006
愛知県名古屋市熱田区沢下町8-4 愛知私学会館内 愛知ボランティアセンター 応援金申請受付係
TEL:090-6590-31174
E-mail:aichiborasen@gmail.com

毎日新聞社会事業団
「毎日希望奨学生」

※受付終了

◎奨学金(返還不要)
 東日本大震災で保護者(父又は母ら)が死亡又は行方不明になり,学業継続が困難な状況になっている高校生,高等専門学校生,短大生,大学生,専修学校生。
 被災地以外の居住者も対象。他の奨学金と重複して受給できます。募集人員は新1年生を中心に約50人。
 月額2万円
 ※申込締切 2012年4月16日(消印有効)
「毎日新聞東京社会事業団 「希望奨学金」 係」
〒100-8051
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
TEL:03-3213-2674
E-mail:mai-swf@fine.ocn.ne.jp
「公益信託JCB東日本大震災に負けない子どもたちの未来を応援する奨学基金」

◎奨学金(返還不要)
 東日本大震災で被災し,保護者であるご両親が死亡又は行方不明になった小学校,中学校又は高等学校に相当する学校に在学している児童・生徒・学生。
・小学校在学児童 月額1万円
・中学校又は高等学校在学生徒 月額2万円
・その他 小学校,中学校又は高等入学時に5万円
※応募期間(第1回)平成27年4月1日から同年5月29日まで

「三菱UFJ信託銀行 リテール受託業務部 公益信託グループ「JCB子ども未来応援奨学金」係」
〒100-8212
東京都千代田区丸の内1-4-5
TEL:03-6250-3258(平日9時~17時)                         ホームページ:http://www.kodomo-ouenkikin.jp/
エイド フォー ジャパン◎支援金等支給(返還不要)
 震災孤児を対象(20歳まで年2回)
 ※英国からの支援金等を直接届けます。
  金額や支援内容は,集まる寄附金や支給人数により毎年変わります。

「エイド フォー ジャパン”Aid For Japan”」
Flat 12, The Towers, Lover Mortlake Road,Richmond, Surrey, TW92JR ,UK                     E-mail:info@aidforjapan.org.uk(日本語可)
ホームページ:http://www.aidforjapan.co.uk/jp

「公益信託ミネベア東日本大震災孤児育英基金」

◎就学援助金(返還不要)
(条件)下記要件をすべて満たすこと 
 東日本大震災によって孤児となった児童・生徒(死別又は離別によってひとり親世帯であった児童・生徒において,同震災によってその保護者である親が死亡又は行方不明となった場合を含む)
 現在,小学校又は中学校(それらに相当する学校等を含む)に在籍する児童・生徒(学年不問)
 受給者が中学校を卒業するまで年額10万円(毎年4月に給付)
 初回のみ12月に給付
※受付期間 平成27年4月1日~同月30日※上記対象者の募集は毎年度行います。

三井住友信託銀行 リテール受託業務部 公益信託グループ「ミネベア東日本大震災孤児育英基金」申請口
〒105-8574
東京都港区芝3-33-1
TEL:03-5232-8910(平日9時~17時)
FAX:03-5232-8919

申請書掲載:http://www.smtb.jp/personal/entrustment/management/public/example/list.html

公益財団法人 日本臨床矯正歯科医会

◎矯正歯科治療
 震災孤児・遺児を対象とし,新規に矯正歯科治療を希望する者に対し,無償で治療を実施。 
 (条件等)
 ・東日本大震災により震災孤児・遺児になられた方 
 ・治療すべき不正咬合がある方
 ・本会会員診療所に通院できる方 
 ・本会活動に御協力いただける方(治療後報告の資料使用等)
※随時受付 

公益社団法人 日本臨床矯正歯科医会 事務局(一般財団法人 口腔保健協会内)
〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43−9
TEL:03-3947-8891  
FAX:03-3947-8341  
E-mail:gakkai6@kokuhoken.or.jp

一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構◎基礎学力の強化,進学や就職の相談,音楽やスポーツ等に必要な機材や先生の手配など幅広い支援を実施。 
 (条件等)
 ・東日本大震災により震災孤児・遺児になられた方 
※随時受付  

一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構 東京本部事務局
〒106-0032
東京都港区六本木5-16−5 インペリアル六本木908
TEL:03-3584-1608  
FAX:03-3584-1952  
E-mail:info@311juku.jp

※子どもの学び支援ポータルサイト(文部科学省)http://manabishien.mext.go.jp/では、その他の支援情報も掲載しています。