ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 子育て支援課 > 不妊に悩む方への特定治療支援事業~不妊に悩む夫婦への支援について~

不妊に悩む方への特定治療支援事業~不妊に悩む夫婦への支援について~

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月15日更新

新着情報

平成27年度国補正予算成立に伴う不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成拡大について

・国の平成27年度補正予算が平成28年1月20日に成立し,同日より初回治療及び男性不妊治療の助成の拡充が実施されることとなりました。
対象は,平成28年1月20日以降に終了した特定不妊治療となります。

・以下をクリックしますと,詳しい内容をご覧いただけます。
H27補正予算成立に伴う助成拡充についての御案内 [PDFファイル/201KB]
Q&A【抜粋】(平成28年1月20日厚生労働省) [PDFファイル/91KB]

お知らせ

平成27年度の申請期限について

・平成27年度分(治療の終了日が平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の申請期限は,平成28年3月31日です。
・ただし,「受診等証明書」の発行が遅れる場合等は,平成28年4月22日まで受付可能とします。
・期限を過ぎると,平成27年度分として申請を受け付けることができませんので御注意ください。
・仙台市にお住まいの方は取扱いが異なりますので御注意ください。

・以下をクリックしますと,詳しい内容をご覧いただけます。
平成27年度の申請期限について [PDFファイル/161KB]

平成28年度からの制度改正(全面移行)に伴う注意点

平成26年度の制度改正に伴い,平成28年4月以降は助成対象及び回数が変更になります。過去に助成を受けた方を含め,全ての方に適用されます。
以下の(1)~(3)に該当する方は平成28年4月1日以降は申請できませんので,平成27年度中に治療が終了し,助成対象となる治療がある場合は,平成28年3月31日までに必ず申請を行ってください。

(1)平成27年度までに,すでに6回以上または通算5年度の助成を受けている方
(2)1回目の申請に係る治療の開始日時点で,妻の年齢が40歳以上であった方で,平成27年度までに,すでに3回以上の助成を受けている方
(3)今回の申請に係る治療の開始日時点での妻の年齢が43歳以上の方

・以下をクリックしますと,平成26年度からの制度改正内容と通算助成回数早見表がご覧いただけます。
厚生労働省 周知用リーフレット [PDFファイル/778KB]

マイナンバーに係る添付書類について

・この事業は「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(いわゆるマイナンバー法)」の対象外事務です。添付書類(住民票等)は,すべて個人番号(マイナンバー)の記載のないものをご用意ください。

指定医療機関について

・宮城県の指定医療機関である「吉田レディースクリニック」(仙台市太白区)が仙台駅東口に移転し,「仙台ARTクリニック」として新たにオープンしました。

不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要

不妊治療の経済的負担の軽減を図るため,高額な医療費がかかる,配偶者間の不妊治療に要する費用の一部を助成しています。詳しくは,以下のPDFファイルを確認してください。
宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要について<平成28年1月更新> [PDFファイル/286KB]

対象者

宮城県内(仙台市を除く)に住所があり,特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか,又は極めて少ないと医師に診断された法律上の婚姻をしている夫婦

対象となる治療

 体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」といいます)

給付の内容

1回の治療につき15万円まで(凍結胚移植(採卵を伴わないもの)等については7.5万円まで),1年度目は年3回まで,2年度目以降年2回を限度に通算5年,通算10回を超えない。
※ 平成26年度以降に新規で助成を受ける場合において,当該助成に係る治療期間初日における妻の年齢が40歳未満であるときは,年間助成回数,通算助成期間については限度を設けず,通算助成回数は6回まで。

所得制限

 730万円(夫婦合算の所得ベース) 
※所得額から各種控除額を引いた額になります。詳細は下記エクセルファイルをご参照ください。
所得の計算方法について [Excelファイル/37KB]

指定医療機関

宮城県内の指定医療機関 [PDFファイル/53KB]

都道府県,指定都市,中核市の指定医療機関(厚生労働省)

宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業の実施医療機関における設備・人員等の指定要件 [PDFファイル/103KB]

市町村単独不妊治療費助成事業

宮城県内の市町村(仙台市を除く)が単独で実施している助成事業もあります。詳細はお住まいの市町村にお問い合わせください。
平成27年度市町村単独不妊治療費助成事業のご案内 [PDFファイル/101KB]

助成申請書などのダウンロード

【指定様式】

申請書(様式第5号) [PDFファイル/239KB]

受診等証明書 [PDFファイル/127KB]

所得証明書(様式第6号) [PDFファイル/100KB]
(上記様式以外でも,お住まいの市町村から発行された各種控除額の入った所得証明書で構いません。)

【記載例】

申請書(様式第5号)の記載例【治療方法A,B,D,Eの場合】 [PDFファイル/213KB]

申請書(様式第5号)の記載例【治療方法C,Fの場合】 [PDFファイル/211KB]

申請書(様式第5号)の記載例 【初回助成で男性不妊治療もある場合】 [PDFファイル/192KB]

申請窓口及びお問い合わせ先

住所地を管轄する保健福祉事務所 [PDFファイル/67KB]に申請してください。

不妊・不育専門相談センター

 宮城県不妊・不育専門相談センターでは,毎週木曜日午後3時から午後5時まで、不妊や不育症に悩む方の相談を行っています。詳しくは以下のページをご参照ください。
宮城県不妊・不育専門相談センターのページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)