ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課第三百四十回宮城県議会第三次追加提出議案知事説明要旨

第三百四十回宮城県議会第三次追加提出議案知事説明要旨

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月14日更新

平成25年3月14日

 ただいま追加上程されました議案の概要を御説明申し上げます。

 まず、平成二十四年度一般会計補正予算案は、東日本大震災復興交付金の第五回目の交付可能額配分において、これまで国に求めてきた効果促進事業の一括配分等が認められ追加交付されることに伴い、東日本大震災復興交付金基金に積増しを行うものであります。
 今回の補正額は、一般会計、総計とも八十二億四千二百万円余であり、財源としては全額国庫支出金を充当いたしております。
 この結果、今年度の予算規模は、一般会計で一兆九千七百八十億九千六百余万円、総計で二兆三千七十六億七千九百余万円となります。

 次に、予算外議案でありますが、議第百十三号議案は、調停案の受諾及び損害賠償の額の決定について、議第百十四号議案は、県道の路線廃止について、議第百十五号議案及び議第百十六号議案は、宮城県道路公社に係る定款変更の認可申請及び有料道路事業の実施の変更に係る許可申請に同意することについて、議第百十七号議案ないし議第百十九号議案は、塩釜漁港などの災害復旧工事に係る請負契約の締結について、それぞれ議会の議決を受けようとするものであります。

 何とぞ、慎重に御審議を賜りまして可決されますようお願い申し上げます。