ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす国保医療課「宮城県国民健康保険運営方針」について

「宮城県国民健康保険運営方針」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月26日更新

「宮城県国民健康保険運営方針」について

 国民健康保険は,高齢者や低所得者の加入割合が高いという構造的問題を抱えるなど財政基盤が脆弱です。医療費の増加は今後も見込まれていることなどから,国民皆保険を維持するため,法律により,平成30年度から県が市町村と共同で国民健康保険事業の運営にあたることとなりました。(国民健康保険事業の都道府県単位化については,こちらを御覧願います。

 県は,国保の財政運営の責任主体として制度の安定化を図る一方,市町村は,資格管理,保険給付,保険料(税)の賦課・徴収等の地域におけるきめ細かな事業を引き続き担います。

 県では,県と県内各市町村が一体となって国民健康保険を安定的・効率的に運営できるように,「宮城県国民健康保険運営方針」を策定しました。

1 対象となる期間

 平成30年4月1日から平成33年3月31日までの3年間

 

2 内容

 概要版

・ 宮城県国民健康保運営方針の概要 [PDFファイル/235KB]

 本編

・ 宮城県国民健康保険運営方針 [PDFファイル/975KB]

 

※「宮城県国民健康保険運営方針(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果については,こちらを御覧ください。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)