ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県糖尿病性腎症重症化予防プログラム

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月27日更新

 宮城県では、保険者による糖尿病性腎症重症化予防の取組を推進するため、宮城県医師会、宮城県糖尿病対策推進会議、宮城県の三者が連携し、「宮城県糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を策定しました。

プログラムの趣旨

 本県の糖尿病患者数は増加傾向にあり、糖尿病の受療者数が平成20年以降急増しています。未治療や治療中断等により、不十分な状態で経過すると網膜症・腎症・神経障害などの合併症を引き起こし、患者のQOL(生活の質)を著しく低下させることになります。
 そこで、本県においても、県内の各保険者による糖尿病性腎症重症化予防の取組を推進するため、本プログラムにより、基本的な取組方針を示すことで、円滑な事業実施体制を支援いたします。

プログラムの目的

 糖尿病合併症が重症化するリスクの高い医療機関未受診者・治療中断者を適切な受診勧奨によって医療に結びつけるとともに、糖尿病性腎症等で通院する方のうち、重症化するリスクの高い方に対して、医療機関と連携した保健指導を行い、人工透析等への移行を防止することを目的としています。
 なお、本プログラムは、保険者の取組が容易となるように基本的な考え方を示すものであり、地域・職場の実情に応じ柔軟に対応が可能であり、既に行われている取組を尊重するものです。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)