ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害防災対策・システム「平成27年度第2回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。

「平成27年度第2回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月24日更新

 蔵王山では,平成27年4月13日に「噴火警報(火口周辺危険)」が発表され,6月16日に「噴火予報(活火山であることに留意)」へ引き下げられましたが,長期的にみると火山活動はやや高まった状態にあります。

 「噴火警報」発表時の防災対策については,平成27年10月28日開催の「平成27年度第2回蔵王山火山防災協議会」で暫定版が承認され,現在運用中であります。

 このたび,平成28年1月18日に宮城県庁において,「平成27年度第2回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。幹事会では,噴火警報レベルの運用に向けた手続きや,噴火警戒レベル運用後の防災対策(案)等,4件の協議事項が了承されました。また,改正活火山法による火山災害警戒地域の指定に関連した規約改正を予定していること等,2件が報告されました。本幹事会で了承及び報告された事項6件は,2月8日開催予定の「平成27年度第3回蔵王山火山防災協議会」に諮られることになります。

 今後,観光や登山等で皆様が安心して「蔵王山」に訪れることができるよう,更なる火山防災対策の強化に努めて参ります。


  平成27年度第2回蔵王山火山防災協議会幹事会の資料はこちらから 


 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)