ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第三次地震被害想定調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

報告書へ
主な調査結果

想定地震

地震 

1 宮城県沖地震(単独)

2 宮城県沖地震(連動)

3 長町-利府線断層帯の地震

津波

1 宮城県沖地震(単独)

2 宮城県沖地震(連動)

4 昭和8年三陸沖地震

被害想定

被害想定結果一覧

被害想定結果一覧の表
定地震

1 宮城県沖地震(単独)
(海洋型)

2宮城県沖地震(連動)
 (海洋型)

3長町利府線断層帯の地震 (内陸直下)

モーメント・マグニチュード(Mw)
(※1)
7.68.07.1
予想震度 県北部の矢本町から中田町にかけての地域,小牛田町周辺,仙台市東南で震度6強,これらの周辺で震度6弱となり,県北部の中央部を中心に影響を及ぼすと予想される。 県北部の鳴瀬町から桃生町にかけての地域,小牛田町から南方町にかけての地域で震度6強,これらの周辺で震度6弱となり,県北部の中央部を中心に影響を及ぼすと予想される。 仙台市の青葉区および泉区の東部で震度6強,その周辺で震度6弱となっている。仙台市の東部を中心に影響を及ぼすと予想される。
液状化危険度県北部および仙台周辺の平地において液状化危険度が高くなっている。単独地震と同様に,県北部および仙台周辺の平地において液状化危険度が高くなっている。仙台市東部および大郷町の平地で液状化危険度が高いところが分布している。
主な想定被害の結果建築物全壊・大破棟数5,496 棟7,595 棟15,251 棟
半壊・中破棟数38,701 棟50,896 棟40,537 棟
火災炎上出火数122 棟158 棟199 棟
うち 延焼出火数71 棟95 棟119 棟
焼失棟数2,482 棟2,874 棟4,509 棟
人的死者数96 人164 人620 人
負傷者数4,014 人6,170 人11,003 人
うち 重傷者数468 人658 人983 人
要救出者数366 人663 人5,038 人
短期避難者数90,335 人122,174 人173,239 人
うち 長期避難者数13,010 人16,669 人41,066 人

 (※1 モーメントマグニチュード  → 気象庁の解説へ
                         気象庁マグニチュードを改訂した主な地震へ

主な調査結果


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)