ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日英共同訓練について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月10日更新

日英共同訓練に係るお知らせ

陸上自衛隊と英陸軍との日英共同訓練において、本県の大和町、大衡村、色麻町の3町村にまたがる王城寺原演習場の使用が検討されていると東北防衛局から情報提供がありましたので、お知らせいたします。

王城寺原演習場における日英共同訓練について

王城寺原演習場における日英共同訓練について [PDFファイル/897KB]

目的

陸上自衛隊の統合火力誘導等(目標に対する偵察・監視や指揮所への情報伝達など)に係る戦術技量の向上及び日英の連携強化

期間

平成30年9月30日(日曜日)~10月14日(日曜日)

このうち王城寺原演習場の使用は後半の1週間程度

規模

陸上自衛隊
部隊

富士教導団を中心とした60名程度

英陸軍
部隊

英国本土より40から50名程度

 

装備

日英共通

小火器、通信機器等(ヘリ及び車両は、自衛隊のものを使用)

英国の装備品は、英国から英国空軍輸送機、民間航空機等により日本へ輸送

場所

陸上自衛隊富士学校、北富士演習場及び王城寺原演習場

 


    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)