ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす公営事業課宮城県企業局業務継続計画(BCP)の策定について

宮城県企業局業務継続計画(BCP)の策定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月9日更新

策定の趣旨

宮城県企業局では,ライフラインとして極めて重要な役割を担っている水道用水供給事業,工業用水道事業及び流域下水道事業を有することから,危機事象下においても,安全・安心・安定供給の実現に向けて,早期に復旧を果たすことが求められます。

本計画は,東日本大震災の経験を踏まえ,同程度の災害が発生した際に迅速な対応が行えるよう,予め発災時に優先して遂行する業務を定め,限られた人員や資材等を効率的に投下するため,執務体制の整備や対応方針・手段等を定めたものです。

基本的な考え方

目標

 受水市町村等への水道供給の途絶を最小限とし,早期の給水再開を最優先目標とします。

想定する危機事象及び被害

 東日本大震災と同程度とします。

目標時間設定

 東日本大震災時の実際の対応状況を参考とし,各対応に必要な時間を積み上げたものに各事業における管路状況等の付加要素を加味し,目標時間としました。

今後の対応

 本計画の実行性及び継続性を確保するため,職員の教育・訓練を実施し,PDCAサイクルによる計画の検証を通じて,課題を抽出し,対応策を検討の上,必要に応じて,計画を更新します。

宮城県企業局業務継続計画(BCP)

 宮城県企業局業務継続計画(BCP) [PDFファイル/573KB]
本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)