ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本県のがん精密検査受診率について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

がん検診は一次検診⇒精密検査(二次検診)⇒がんの確定診断⇒治療という流れで進んでいきます。一次検診では「スクリーニング」といって,健康な人と,多少でもがんの可能性が疑われる人を見極めてふるいわけます。精密検査でがんと診断(確定診断)された場合は,必要に応じて治療へ進むことになります。

「精密検査が必要とされた者のうち,精密検査を受けた者の割合」(要精検率)は高いことが望ましいとされています。市町村が行うがん検診事業について都道府県別に比較してみると,本県は高い水準にあります。

平成24年度における胃がん検診精密検査受診率等(40~69歳男女) [PDFファイル/106KB]

平成24年度における子宮がん検診精密検査受診率等(20~69歳女性) [PDFファイル/152KB]

平成24年度における肺がん検診精密検査受診率等(40~69歳男女) [PDFファイル/147KB]

平成24年度における乳がん検診精密検査者受診率等(40~69歳女性) [PDFファイル/147KB]

平成24年度における乳がん検診精密検査受診率等(40~69歳女性)※視触診を行った検診のみ集計 [PDFファイル/152KB]

平成24年度における大腸がん検診精密検査受診率等(40~69歳男女) [PDFファイル/110KB]

【参考:全国集計】平成25年度地域保健・健康増進事業報告の概況(厚生労働省) [PDFファイル/1.19MB] ※精密検査の受診状況は15頁

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)