ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

みやぎ食育アドバイザー

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

みやぎ食育アドバイザーとは?

 地域や各団体等からの要請により、深い学識や見識、専門的な知識に基づき講演会や研修会等における講師や市町村食育推進計画の作成、事業推進に対する助言などの活動を行います。

申込手順

申込手順
依頼 者県健康推進課依頼 者
申込手順

アドバイザー
の  選択

やじるし

申込み
(健康推進課へ)
022-211-2637
【申込様式】
[Wordファイル/46KB]
 

 やじるし
申込手順

アドバイザーとの
連絡調整
 (健康推進課) 

やじるし
【 対応が可能である場合】
アドバ イザーと直接打合せ
  • 「みやぎ食育アドバイザー」には、趣旨に御賛同いただき協力いただいておりますが、日程等の都合により依頼をお引き受けできない場合があります。
  • 会場等の準備、謝金・旅費については事前に打合せを行い、必要経費は依頼者が御負担ください。

 みやぎ食育アドバイザーの紹介

平本 福子

平本 福子 氏

  • 宮城学院女子大学 教授
  • 宮城県産業教育審議会 委員
  • NPO法人食生態学実践フォーラム理事

食育はだれもがその主体になれる。だからこそ「食」にかかわる多様な人々が、”食育の輪”を通してつながることがダイナミックなおもしろさを生むと考えます。
プロフィール等詳細ボタン

鈴木 建夫

鈴木 建夫 氏

  • 宮城大学(食産業学部)名誉教授,農学博士
  • 公益社団法人 大日本農会 農芸委員

 食に関して、研究、教育、及び行政と、広範な経験がありす。市民の方はもちろん、高校生や大学生の模擬授業などに起用して頂き、食に関する楽しさ、面白さを知ってほしい。学生、生徒については、講演料ナシで引き受けたい。
 プロフィール等詳細botan

畠山 英子

畠山氏

東北福祉大学教育学部 教授(農学博士)
日本食品化学工学会東北支部評議委員
「食」についての適切な学習機会を得ることにより、人は習得した知識や技術を、自らの継続的実践を経て、真の生きる力や豊かな感性に繋げ、自他の健康管理や多様な感性の尊重を可能にするものと考えます。子どもを取り巻く大人たちの生きざまそのものが尊い教材であるはずです。食べる行為は単純ですので、ついつい疎かにしがちですが、とても大切な行為です。温かい会話が交わされ、日本型食材の手作り料理でゆったりできる食卓、この食環境の大切さを調査データや人間計測実験データをもとに解説し、実証的な視点から食育の重要性についてアドバイスさせていただきたいと思います。
プロフィール等詳細botan

川端 理香

gazo

  • 管理栄養士
  • 元日本オリンピック委員会強化スタッフ
  • 神奈川県川崎市在住

何でも興味を持つことからはじまります。
机上の栄養学ではなく、すぐに実践できる食事や栄養と伝えたいと思っています。
そのためにあこがれのスポーツ選手がどんな食事をしているのかなど、実際に食べている写真などをみせながら、わかりやすくお話をしていきたいと思います。
プロフィール等詳細botan

阿部 善文

阿部 善文 氏

  • 農業生産法人 有限会社 板倉農産 取締役社長

私たちが農場を開放してから、多くの子供たちが農業体験にやって来ました。「食」を知ってもらうには、「農」を知ってもらうことが大切。体験を通じ子供たちは多くの発見をしていきます。私たち農家も気づかされたこともあります。
 食べ物をつくる農家だから伝えられる事があると思います。

プロフィール等詳細botan

宮田 恵

宮田恵

宮城県成人病予防協会中央診療所 医師
シニア野菜ソムリエ

私たちには「快適な環境」「食料を生産,加工し,食べていく」という大きな課題があります。高齢化社会において生産者・生活者ともに健康長寿を達成することは地域の活性化に繋がります。食,地域,そして心と身体をみがき,次世代に美しい日本を残したいと願っております。
プロフィール等詳細botan

飯渕 由美

gazo

  • リバースファイブ代表
  • 管理栄養士

おいしいしあわせコンサートでは、感受性豊かな成長期の子ども達が「食べ物や栄養に関する歌とお話」を通して、食べることの大切さや、食べ物の豊かさを知り、関心をもって食事が出来ることを目指し、活動しています。また、保護者の皆様には食習慣の大切さや子育ての楽しさ、大切さ、さらには、自分自身の「食」も含めた子どもの「食」を見つめる機会にしていただければと思います。
プロフィール等詳細botan

池戸 重信

gazo

  • 宮城大学名誉教授
  • 内閣府消費者委員会食品表示部会委員
  • 食品表示検定協会代表

食の安全・安心確保のために、行政や食品関連事業者及び消費者にとってどのような対応が必要かについて研究を行っています。
プロフィール等詳細botan

佐藤 敏悦

佐藤 敏悦

  • 日本民俗学会評議員
  • 公益財団法人仙台市市民文化事業団理事

石巻生まれで仙台在住,生粋の宮城県人です。それだけに宮城県の郷土料理や仙台藩の食文化に関心があり、研究を重ねてきました。また、ジャーナリストとして,大震災後の復興に郷土食が果たした役割をマスコミ視点から考察してきました。
「食育」という重要なテーマに対し、ちょっと違った視点からのスパイスを提供できるのではないかと思っています。

プロフィール等詳細botan

川俣 幸一

川俣 幸一

  • 東北生活文化大学 准教授
  • 公認スポーツ栄養士
  • 日本スポーツ栄養学会 評議員

トップアスリートの競技能力は超一流ですが、普段食べている食材も超一流食材なのでしょうか? 東北の選手を東北の食材で強くしたいと「地域食材×スポーツ栄養」の観点から、運動を支える栄養の大切さを皆さんと一緒に考えていけたらと思います。

プロフィール等詳細botan