ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第1回アスベスト対策庁内連絡会議

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

平成17年7月25日に第1回アスベスト対策庁内連絡会議を開催し,以下の議題について情報交換を行うとともに,連絡会議として以下の内容を実施することとしました。

関係課の対応状況

  • 平成17年7月15日県から社団法人宮城県産業廃棄物協会,社団法人宮城県建設業協会,宮城県解体工事業協同組合の3団体に対し,アスベストの環境大気への飛散防止及び廃石綿の適正処理等の徹底を図った。(環境対策課,廃棄物対策課)
  • 平成12年までアスベストを使用して防火壁材を製造していた岩沼市の事業者への立入調査を実施した。(環境対策課)。
  • 建設リサイクル法の適切な運用について,土木事務所,保健所,市町村に通知するとともに,解体工事届出者への法順守の指導した。(資源循環推進課)。
  • 保健所(保健福祉事務所)でアスベスト関連の相談を受付。(健康対策課)
  • 国土交通省の通知に基づき,民間の一定規模以上の建築物について調査を予定している。(建築宅地課)
  • 文部科学省の通知に基づき,公立学校の調査を予定している。(教育庁施設整備課)

決定事項県

  • 有施設のアスベスト使用実態に関して,再調査を実施する。
  • 県民への情報発信のため,ホームページを開設する。
  • 宮城県で実施するアスベスト対策を参考に,市町村に対する指導及び助言を行う。