ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー化学物質土壌汚染対策法|一定の規模以上の土地の形質の変更届出

土壌汚染対策法|一定の規模以上の土地の形質の変更届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月29日更新

土壌汚染対策法に基づく届出

手続きの名称

  • 一定の規模以上の土地の形質の変更届出

 環境省令で定める規模は,これまで3000平方メートルとしていましたが,土壌汚染対策法の改正により,平成31年4月1日から,水質汚濁防止法に基づく有害物質使用特定施設が存在する工場・事業場の敷地においては,900平方メートル以上の土地の形質変更をする場合にも届け出が必要となります。

手続きの概要

  • 3000平方メートル以上の土地の形質の変更をする場合,着手する30日前までに届出が必要です。
  • 水質汚濁防止法に基づく有害物質使用特定施設のある工場又は事業場の敷地においては,900平方メートル以上の土地の形質の変更をする場合,着手する30日前までに届出が必要となります。(平成31年4月1日施行)
  • 盛土や掘削を問わず土地の形質の変更の部分の面積の合計が3000平方メートル以上(有害物質使用特定施設のある工場又は事業場の敷地においては,900平方メートル以上)となるものが届出の対象となります。
  • 届出書を提出する前に,事前に問い合わせ先・受付窓口に御相談ください。

根拠規定

  • 土壌汚染対策法第4条第1項

添付書類

  • 土地の形質の変更をしようとする土地の所在地の地図
  • 土地の形質の変更をしようとする場所を明らかにした平面図,立面図,断面図(掘削する部分と盛土部分が区別して表示され,公図上の地番と筆の境界が記載されていることを要する)
  • 土地の形質の変更をしようとするとする者が当該土地の所有者等でない場合にあっては,当該土地の所有者等の当該土地の形質の変更の実施についての同意書
  • 参考書類
    公図の写し
    土地の所有状況を明らかにするもの(登記事項証明書(発行日から3ヶ月以内)の原本又は写し)
    掘削の深さが確認できるもの(工事の断面図)
    自主的に土壌汚染状況調査を実施している場合,その結果

届出書ダウンロード

問い合わせ先・受付窓口

  • 土地の形質の変更を行う場所を所管する保健所(窓口一覧
  • 仙台市内で土地の形質の変更を行う場合 仙台市環境対策課水質係(Tel 022-214-8223)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)