ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境対策課宮城県土壌中の自然由来重金属等バックグラウンドマップ

宮城県土壌中の自然由来重金属等バックグラウンドマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月31日更新

【 概 要 】

   土壌は様々な鉱物を含む岩石の風化作用により形成されるため,自然状態の土壌中にも重金属等は存在しています。特に東北地方の脊梁山地を構成する火山岩には,微量ではあ
  るものの砒素,カドミウム,鉛など特定有害物質とされる重金属も含まれており,宮城県内もその例外ではありません。
   土壌汚染対策法の普及に伴う土壌汚染への関心の高まりに反して土壌中に含まれる自然由来重金属等の存在状況については,これまで系統的な調査が行われておりませんでした。
   このため,宮城県では,平成18年度から20年度の3カ年にわたり「土壌環境評価基本マップ作成事業」を東北大学大学院環境科学研究科に委託して,県内全域における表層土壌の
  重金属等の実態調査を行い,その結果を,自然由来重金属等バックグラウンドマップとして作成しました。
   なお,この事業は,平成16年11月に大学と締結した包括研究協力協定に基づく事業の一環です。
   本マップは,以下の利用規約に同意の方のみ,御利用下さい。

【利用規約】

(免責事項)

  1. 宮城県環境生活部環境対策課では、本マップ及び説明資料に掲載する情報について様々な注意を払っておりますが,その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものではありません。
  2. 当課は、掲載情報によりご利用者が下した判断及び起こした行動及び掲載情報によりご利用者が被った損害、損失について、何ら責任を負わないものとします。
  3. 掲載情報については、事前に予告することなく改変、削除等が行われることがあります。掲載情報の改変・削除等により発生する影響や利用者の皆様に発生する損害について、当課はその責任を負わないものとします。

(著作権について)

  1. 掲載情報には独立行政法人産業技術総合研究所及び社団法人東北建設協会が作成した建設技術者のための東北地方の地質東北地方デジタル地質図(H20PRO-816)の一部を加工,編集して活用しており,独立行政法人産業技術総合研究所及び社団法人東北建設協会の承認を得て使用しております。
  2. 著作権法で認められた場合を除き、無断で複製・転用することは禁じられております。

宮城県土壌中の自然由来重金属等バックグラウンドマップ [PDFファイル/23.5MB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)