ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策「太陽光発電システムリサイクル技術セミナー」開催のお知らせ

「太陽光発電システムリサイクル技術セミナー」開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月12日更新

趣旨

  県では、近い将来、大量に廃棄されることが予想される太陽光発電パネルとその周辺機器について、リサイクルルートの確立と県内でのリサイクル事業化を検討する事業者の方を応援するため、太陽光発電に係る設備のリサイクルについての現状や先進的な取組を紹介するセミナーを開催します。

日時

・平成29年2月8日(水曜日)13時15分~16時30分
 ※12時45分より受付を開始します。

場所

 ホテル白萩 2階 会議室「けやき」
 (仙台市青葉区錦町2-2-19)

 ※会場駐車場には限りがありますので、公共交通機関での御来場に御協力をお願いします。

内容

第1部 太陽光発電システムのリサイクルの現状と課題 13時25分~13時50分

   廃太陽光パネル等の現在の発生の状況と将来的予測、リサイクルの推進に当たっての障壁となる課題についての講義です。
   
   講師:東北大学多物質科学研究所 教授  中村 崇

第2部 太陽光パネルの処理技術紹介 13時50分~14時50分   

   廃太陽光パネルを処理する技術の紹介として、事業化に向けた取組を行っている事業者の方の処理技術を紹介します。
   
   発表1  株式会社環境保全サービス(岩手県奥州市)
   発表2  株式会社エーシー(山形県米沢市)

第3部 希少金属類の回収技術紹介 14時50分~15時40分  

   太陽光パネル及びパワーコンディショナ等の周辺機器から回収した基板等の部品から、希少金属類を回収するための技術について紹介します。

   発表1  ニッコー・ファインメック株式会社 (岩手県一関市)
   発表2  東北大学多元物質科学研究所 教授 中村 崇

第4部 ガラスのリサイクル事例紹介 15時50分~16時15分

   廃太陽光パネルの処理の過程で生じるガラスを不要物としないために、ガラスを原料とした製品を製造する事業者の取組を紹介します。

   発表  株式会社ワンワールド 若柳工場 (宮城県栗原市)

第5部 宮城県の実施する補助金事業の紹介 16時15分~16時30分

   産業廃棄物の3R促進等に係る、宮城県の実施する補助事業(平成29年度に実施予定のもの)について紹介します。

 

※ セミナー閉会後、参加者の方々が名刺交換をする時間を設けます。

参加費用

無料

参加申し込み

 以下の開催案内裏面に必要事項の上、ファクシミリで環境生活部環境生活課(022-211-2669)宛て送付してください。
 または、電子メールでの申し込みも受け付けます(下記参照)。

 開催案内 [PDFファイル/687KB]

参加申し込み・連絡先

 宮城県環境生活部環境政策課環境産業振興班
〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
Tel:022-211-2664  Fax:022-211-2669  電子メールアドレス:kankyoi@pref.miyagi.jp

※電子メールでのお申し込み場合は,メール本文中に所属(会社名)、住所、職・氏名、電話番号、電子メールアドレスを御記入ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)