ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課宮城県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

宮城県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月17日更新

計画策定の趣旨

 本県では,2014(平成26)年1月に地球温暖化対策の地域計画である「宮城県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定し,2020(平成32)年度の温室効果ガスを,2010(平成22)年度比で3.4%削減することを目標として取組を進めてきました。

 一方,2015(平成27)年12月に地球温暖化対策の新たな国際的枠組みである「パリ協定」が採択され,これを受けて我が国では,2016(平成28)年5月に「地球温暖化対策計画」を閣議決定し,2030年度までに温室効果ガスを基準年の2013(平成25)年度比で26%削減する目標を掲げております。

 また,平成30年6月には気候変動適応法が制定されるなど,国内外で地球温暖化対策が強化されていることを踏まえ,前計画の見直しを行い,新たな目標の設定やコンセプトに基づいた施策を定めたものになります。

計画の概要

1 計画期間等

 ○計画期間 2018(平成30)年度~2030年度

 ○基準年  2013(平成25)年度

 ○目標年  2030年度

2 温室効果ガスの削減目標(総量目標)

 県内の2030年度における温室効果ガス排出量を,2013年度比で31%削減(CO2換算)

3 総量目標の達成に向けた補助目標

 ○1世帯1日当たりのエネルギー消費量 26.1%(46.8MJ)削減

 ○自動車1台当たりのガソリン消費量 31.4%(272.4L)削減

 ○業務延床面積1平方メートル当たりのエネルギー消費量 36.4%(1.16GJ)削減

4 目標達成に向けた施策展開のコンセプト

  気候変動による影響は危機的な状況であり,化石燃料を使い過ぎる社会そのものを脱炭素型に変革していく必要があることから,「流れを,変える」を基本精神として,次の5つの「コンセプト」を掲げ,施策を展開していきます。

コンセプト1 「地球市民マインド」~持続可能な開発目標(SDGs)~

コンセプト2 「熱には“熱”を」~ジョー“熱”立県~

コンセプト3 「地産地消エネルギーへのこだわり」~メイド・イン・みやぎのエネルギー~

コンセプト4 「ヒト・モノ・コトをつなぐ」~県は“インターフェース”~

コンセプト5 「環境・経済・社会の統合的向上」~クラ(暮)・サン(産)・カン(環)~

5 目標達成に向けた取組施策

 地球温暖化の進行を抑制するための対策となる「緩和策」に,気候変動影響による温暖化被害を回避・回復するための対策となる「適応策」を新たに追加し,52の取組を進めていくこととします。

計画本文等

(1)計画全体

宮城県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)【概要版】 [PDFファイル/989KB]

宮城県地球温暖化対策実行計画(区域施策編)【全文】 [PDFファイル/6.55MB]

(2)個別ファイル

表紙・目次 [PDFファイル/238KB]

序章 計画策定の背景 [PDFファイル/1.12MB]

第1章 計画の基本的事項 [PDFファイル/417KB]

第2章 宮城県の地域特性 [PDFファイル/543KB]

第3章 計画を取り巻く近年の動き [PDFファイル/654KB]

第4章 温室効果ガス排出量等の現況推計 [PDFファイル/781KB]

第5章 前計画の点検結果を踏まえた現状の課題 [PDFファイル/629KB]

第6章 2030年の想定フレーム [PDFファイル/469KB]

第7章 宮城県が目指す低炭素社会の将来像 [PDFファイル/694KB]

第8章 計画の目標 [PDFファイル/1.89MB]

第9章 目標達成に向けた施策 [PDFファイル/1.25MB]

第10章 各主体の役割と推進体制 [PDFファイル/530KB]

第11章 計画の進行管理 [PDFファイル/394KB]

資料編 [PDFファイル/1.61MB]

地域気候変動適応計画としての位置付け

 本計画については,気候変動適応法第12条に規定する地域気候変動適応計画に位置付けております。

関連情報等

 前計画のページ

 温室効果ガス排出状況のページ

 みやぎ環境税活用実績のページ

 パブリックコメントの募集結果のページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)