ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境環境・エコ・エネルギー環境政策平成30年度みやぎグリーン購入セミナー「グリーン購入からはじめるSDGs」開催のお知らせ

平成30年度みやぎグリーン購入セミナー「グリーン購入からはじめるSDGs」開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月26日更新

グリーン購入からはじめるSDGs

 2030年までに世界が目指す目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」をご存じですか?

 最近は、民間企業においてもSDGsに取り組む気運が高まっています。そして、SDGsの実現に向けた取組のひとつとして、「グリーン購入」という取組があります。

 今回は、いま話題のカードゲーム「2030SDGs」を使ったワークショップを通じて、「SDGsの本質」や「グリーン購入とSDGsの関わり」について、楽しみながら考えます。

 リーフレット [PDFファイル/814KB]

開催日時

 平成31年1月24日(木曜日)午後1時から午後4時30分まで

 ※プログラムの性質上、途中参加・途中退出はできませんので、あらかじめ御了承ください。

会場

 宮城県保健環境センター 大会議室  (仙台市宮城野区幸町4丁目7-2)  ※駐車場あり

内容

「グリーン購入」と宮城県の取組について

    「グリーン購入」とは何か、グリーン購入の意義やSDGsとの関わり、宮城県の取組について紹介します。

カードゲーム「2030SDGs」によるワークショップ

 カードゲーム「2030SDGs」の体験を通して、「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験し、楽しみながらSDGsの本質について学びます。


 カードゲーム「2030SDGs」は、一般社団法人イマココラボが開発したSDGsの本質を理解するためのカードゲームです。各プレイヤーは、「お金」と「時間」を使って「プロジェクト」を実施し、それぞれに与えられた目標達成を目指します。実施された「プロジェクト」の内容に応じて、世界の「経済」・「環境」・「社会」のバロメータに変化が生じ、2030年の世界ができあがっていきます。

 ゲームを通して、2030年までの世界の道のりを疑似体験し、「SDGsの本質」とは何かを考えるプログラムで、多くの民間企業のほか、環境省やアメリカ・イギリス等海外でも実施され、大きな話題となっています。


 

みやぎグリーン購入ネットワークについて

 宮城県内でのグリーン購入の取組を促進するために組織された「みやぎグリーン購入ネットワーク(みやぎGPN)」の活動について紹介します。

 

対象・定員

 宮城県内でお勤めの方 48名(事前申込制・先着順)

主催 

 宮城県、みやぎグリーン購入ネットワーク

参加費

 無料 

参加申し込み

 下記の申込みフォームからお申し込みください。

 申込みフォームへリンク

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)