ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課環境産業コーディネーターが伺います!

環境産業コーディネーターが伺います!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月13日更新

≪産業廃棄物税・みやぎ環境税充当事業≫

廃棄物の3R・再エネ・省エネの取組を支援します!

資源循環コーディネーターを派遣しています環境産業コーディネーターを派遣しています。資源循環コーディネーターを派遣しています

環境産業コーディネーターとは

 宮城県では,産業廃棄物の3Rの推進,再生可能エネルギーの利用や省エネルギーの推進,これらの取組などを通じた環境関連産業の振興のために,環境産業コーディネーターを設置しています。
 環境産業コーディネーターは,民間企業において製造業等の工程管理や品質管理,環境管理等に携わった経験を有する者で,非常勤の県職員として,廃棄物の3R・再エネの利用・省エネの推進等に関わる事業活動を推進する企業へ情報提供や助言,課題解決への支援等を行います。
 環境産業コーディネーターは,企業訪問を通して環境に関する企業の取組・情報を収集し,また,企業に対して必要な情報を提供しながら,企業の皆様の廃棄物の3R・再エネ・省エネに関する取組を支援します。
 環境産業コーディネーターの支援を希望される方は,お気軽にお問い合わせください。

環境産業コーディネーターの支援内容

  • 廃棄物の3R・再エネの利用・省エネの推進等に関する企業の課題やニーズを伺い,その改善や課題解決に向けて必要な助言,情報提供を行います。
  • 企業・行政・研究機関等における情報や技術,ニーズ等の橋渡しを行い,廃棄物の3R・再エネの利用・省エネの推進等の課題に取り組む活動を支援します。
  • 複数の企業が連携することで,廃棄物の3R・再エネの利用・省エネの推進等の課題を解決できるように,その連携活動の立ち上げ支援や課題解決への活動を支援します。

こんな時にお問い合わせください

  廃棄物の3R・再エネの利用・省エネの推進等について

  • 必要性は感じるが,どうすればよいかわからない
  • コストダウンを図りながら取組を進めたい
  • 共通のテーマや課題に関心を持つ企業等を知りたい
  • 新しい取組を始めたいので先進的な事例を知りたい
  • 自社の技術の研究開発について大学等に相談したい
  • 県の補助事業や支援策を知りたい
  • 複数の企業が連携して取り組む「エコフォーラム」に参加したい
費用

  無料 (相談や支援について費用はかかりません。)

お問い合わせ先

 宮城県環境生活部環境政策課環境産業振興班
  TEL:022-211-2664
  E-mail:kankyoi@pref.miyagi.lg.jp
  事業案内(チラシ)はこちらから [PDFファイル/370KB]

県の事業を活用した環境産業コーディネーターによる支援例

  • 産業廃棄物の3Rを中心とした企業マッチング支援
  • 「リサイクルのススメ」(リサイクル等事業者情報提供事業)への企業参加
  • 宮城県環境政策課等で実施している各種補助事業の支援
  • 宮城県グリーン製品認定に向けた支援
  • エコフォーラム活動の支援

平成30年度 環境産業コーディネーター

  今年度は私たちが企業の皆様を支援させていただきます!よろしくお願いします!

環境産業コーディネーター
 沼田直行三沢亮一関孝史庄司EIC関場EIC髙橋EIC
氏名 沼田 直行三沢 亮一関 孝史庄司 邦男関場 隆髙橋 秀朗
主な
業務
経験

・電気機器製造業における品質改善,歩留まり改善によるコスト削減,廃棄物削減

・電気機器製造業における廃棄物の分別・再資源化推進

・他企業と連携した環境配慮活動(エコフォーラム)の推進

・省エネ診断の専門員として事業者等への省エネ診断の実施

・省エネ技術指導員として省エネの広報や補助金申請の支援

・電気機器製造業における省エネルギーの推進

・電気機器製造業における廃棄物削減,エネルギー管理

・公益財団法人における県内事業者への各種事業支援

・電子機器部品製造業における省エネルギーの推進,産業廃棄物の再資源化推進

主担当

・廃棄物系バイオマスの導入促進

・動植物性残さ,家畜ふん尿の3R推進

・廃プラスチック類の3R推進

・グリーン製品の登録支援

・金属くず,希少金属の3R推進

・木質バイオマス,温泉熱利用の導入促進

・省エネルギーの推進

・廃プラスチック類の3R推進

・廃食用油の3R推進

・地中熱利用の導入推進

・環境を切り口としたものづくり支援

・廃太陽光発電設備等の3R推進

・建築・土木系廃棄物の3R推進

・廃リチウムイオン電池の3R推進


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)