ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課「エコチャレンジフェスタinユアスタ仙台2017」を開催しました!

「エコチャレンジフェスタinユアスタ仙台2017」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新

「応援はアツく!地球はクールに!」

 平成29年7月30日(日曜日),「エコチャレンジフェスタ in ユアスタ仙台2017」を開催しました。会場には多くの方に来場いただき大変盛り上がりました。

 このイベントは,地球温暖化を防ぐため,私たち一人ひとりが,節電や省エネなどを意識しする必要性を感じていただくことを目的とし,家庭でできる省エネ行動のご紹介や,身近なエコを体験するコーナーを行いました。

日時

平成29年7月30 日(日曜日) 午後3時30分から午後6時30分まで

※ 当日は,19時からホームゲーム:ベガルタ仙台VS柏レイソル戦が行われました。

場所

ユアテックスタジアム仙台 北エントランス (仙台市泉区七北田字柳78)

主催/共催

主催 

宮城県

共催

株式会社ベガルタ仙台,「ダメだっちゃ温暖化」宮城県民会議,東北電力株式会社宮城支店,せんだいE-Action実行委員会 

運営

公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)

概要

1)出展内容  

『クイズ!エコチャレ!』

 スポーツ観戦でできる省エネ行動について,○×クイズを出題しました。

○×クイズ

『うちエコ診断』

  環境省認定のうちエコ診断士が各家庭の省エネ・光熱費のエコ度を診断し,各家庭のライフスタイルに応じたオーダーメイドの省エネ・温暖化対策のアドバイスを行いました。

うちエコ診断

『自転車発電体験』

  自転車を漕いで発電し,発電した電力量がモニターに表示されるので,子どもから大人まで多くの方に楽しんでいただきました。

自転車発電

『手回し発電機』

  手回し発電機で発電した電気で,LEDランプと白熱電球を灯しました。白熱電球では,LEDランプに比べて抵抗が大きくなり,LEDランプはより少ない電力で発電できることを多くの方に体験していただきました。

手回し発電機

燃料電池自動者(FCV)展示コーナー

  FCVの展示も行いました。宮城県では水素エネルギーの利活用促進に向けた取組を進めており,3台のFCVを導入し,水素エネルギーの普及促進に活用しております。当コーナーには,開始から終了まで多くの方に来場いただき,実際にFCVの運転席に座ったり,担当者の話を熱心に聞き入っていました。

FCV展示

2)地球温暖化防止啓発PR

 当日開催されたベガルタ仙台VS柏レイソル戦でのハーフタイムに,スタジアム内で横断幕「応援はアツく!地球はクールに!」を観客席に向かって掲げ行進も行い,多くの方々に地球温暖化防止について普及啓発を行いました。

横断幕

3)同時開催 

 「省エネキャンペーン」(17時30分~18時00分)   

 同時開催として省エネキャンペーンを行い,省エネに関するチラシ等を特製クリアファイルに入れて配布を行いました。  (参加団体: 東北電力株式会社宮城支店,「ダメだっちゃ温暖化」宮城県民会議,宮城県,仙台商工会議所,せんだいE-Action実行委員会)

クリアファイル  配布したクリアファイル