ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課平成30年度みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業費補助金

平成30年度みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業費補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月16日更新

1 制度の概要

  この事業(補助金)は,産業廃棄物の発生抑制,再使用,再資源化,再生資源の利活用(以下「3R等」といいます。)の推進を目的として,宮城県内に設備機器を整備する事業者に対し,その経費の一部を補助するものです。 

 ●募集ちらし [PDFファイル/626KB]
 ●申請の手引き [PDFファイル/1.89MB]

2 対象者

 宮城県内に事業所を有し(予定も含む。),産業廃棄物の3R等を推進するために,設備機器を整備する事業者(当該事業者が半数以上を占める団体を含む)の方となります。また,本条件以外については,次の(1)からの全てを満たしている事業者の方が,対象となります。
 なお,補助金交付決定後5年以内に,実施要綱で規定する環境関係法令に基づく処罰又は命令その他不利益処分を受けた場合には,補助金の返還を求めることがあります。 

(1) 法令遵守を重視する観点から,過去3年間,実施要綱で規定する環境関係法令に基づく処罰又は命令その他不利益処分を受けていないこと。
(2) 暴力団排除条例(平成22年宮城県条例第67号)に規定する暴力団又は暴力団員等ではないこと
(3) すべての県税に未納がないこと

3 補助対象事業 

 産業廃棄物の3R等を推進するために設備機器を整備する事業を支援します。

  (1) 産業廃棄物の発生抑制のための設備等の整備(発生抑制)
  (2) 産業廃棄物の再使用のための設備等の整備(再使用)
  (3) 産業廃棄物の再資源化のための設備等の整備(再資源化)
  (4) 産業廃棄物由来の再生資源の利活用のための設備等の整備(再生資源の利活用)
  (5) 産業廃棄物の排出抑制のための設備等の整備(排出抑制)

   ※ 導入設備による廃棄物削減量が年間10トン以上になるものを対象とします。
     ただし,低比重品目(廃プラスチック類,紙くず,木くず,繊維くず,ゴムくず)を扱う事業については,導入設備による廃棄物削減量が年間5トン以上になるものを対象とします。
      また、発生抑制事業については、低比重品目を対象とする取組に限り、下限値の設定を引き下げています。
   ※ 対象事業の詳細は,平成30年度みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業補助金の手引き(上記「申請の手引き」)を御確認ください。

 過去の補助金活用例  

4 補助率・補助限度額 

  ● 補助率:2分の1以内
  ● 補助上限額:2,000万円以内

  ただし,知事が別に定める3Rの取組については、
  ● 補助率:3分の2以内
  ●  補助上限額:3,000万円以内
  とします。

知事が別に定める取組

  補助率及び補助上限額が上乗せされる取組は、以下のものです。
  (1) 廃太陽光発電設備、廃LED照明設備、廃リチウムイオン電池など、将来的に大量廃棄が見込まれる廃電子機器等の3Rに関する取組
  (2) 廃プラスチック類をプラスチック原料として再資源化する、または再生プラスチックを原料として利活用する取組

5 補助対象経費

   機械装置費,運搬費,据付調整費,調査費,設計費 など   

6 募集期間及び申請書提出先

  申請書類は下記の募集期間内中に宮城県環境生活部環境政策課に提出して下さい。

  • 募集期間 平成30年3月16日(金曜日)から5月11日(金曜日)まで
  • 対応時間 【午前】8時30分から12時まで 【午後】13時から17時15分まで
  • 問合せ先 環境政策課環境産業振興班 (電話:022-211-2664)

 ※ 申請書をお持ちくださる場合,または申請にあたって相談がある場合等,事業者の皆さまが直接来庁される場合には,必ず電話等にて事前に予約をお取りくださるようお願いします。(事前の御連絡がない場合,長時間お待ちいただく場合があります。)
 ※ 申請書類の提出に際しては,必要書類の確認等をさせていただきますので,締切の1週間前までに御連絡のうえ,環境生活部環境政策課までお越しください。
 ※ 本事業の実施に当たって関係する各種環境法令について,事前に必ず所管の保健所及び市町村に御確認ください。
 ※ 代理・代行申請は受け付けていませんので,必ず申請者ご自身が申請してください。

7 留意事項

 事業着手は交付決定後となります。交付決定前に事業に着手することは認められませんので,御注意ください。
 ※「事業着手」とは、補助対象事業に関わる工事の入札、見積り合わせ、契約、発注、着工等に着手することを指します。

8 事業計画の審査・補助対象事業の交付決定 

事業計画の審査概要

  提出された事業計画は,「申請書」及び「評価会におけるヒアリングの内容」に基づき,以下の観点から評価し,補助対象事業を決定いたします。
  【評価の観点】 3Rの内容,削減効果,技術の確実性,技術の優位性,技術の先導性,財務内容の堅実性,資金調達力,効果の妥当性,事業の必要性,計画の確実性,取組の継続性,その他

 9 補助金の支払

 補助金は,事業が完了した後に補助金実績報告書を提出していただきます。提出された書類や設置された設備等の確認を行い,内容が適正と確認されたものについて補助金額を確定し,交付します。
 なお,「事業の完了」とは設備等の設置完了だけでなく,設備を稼働可能な状態にすること及び支払手続が完了する必要がありますので,御注意ください。
 また,実績報告書は事業完了後30日以内の日または平成31年2月28日(木曜日)いずれか早い日までに御提出ください。 

10 関係書類

1 交付要綱等

   (1) 平成30年度みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業費補助金交付要綱 [PDFファイル/321KB]

   (2) 宮城県補助金等交付規則 [PDFファイル/19KB]

   2 申請関係等様式

   補助金申請様式については、以下のページをご覧ください。
   平成30年度みやぎ産業廃棄物3R等推進設備整備事業費補助金申請様式

3 申請書類作成時参考となるウェブサイト

   (1) 県税納税証明書(宮城県総務部税務課)

   (2) 中小機構 「経営自己診断システム」

   (3) 日本標準産業分類(平成25年10月改定,平成26年4月1日施行)
       (総務省政策統括官(統計基準担当)付統計基準・産業連関表・調査技術担当統計審査官室)

   (4) 廃棄物処理法に関する緒手続き(宮城県環境生活部循環型社会推進課)

   (5) 届出内容別公害関係届出窓口(宮城県環境生活部環境対策課)

11 平成29年度の交付決定事業 

 審査の結果,合計19件の事業について交付決定を行いました。 

 平成29年度で交付決定された事業の一覧は,こちらを御参照ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)