ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全防災・救急防災医療施設の避難確保計画の作成・訓練の実施
トップページ分類でさがす健康・福祉医療制度・政策医療関連機関医療施設の避難確保計画の作成・訓練の実施

医療施設の避難確保計画の作成・訓練の実施

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月29日更新

市町村地域防災計画に定められた要配慮者利用施設としての医療施設の義務

 医療施設は関係法律上の要配慮者利用施設となっており,災害時における円滑かつ迅速な避難の確保を図るため,避難確保計画の作成等が必要となります。

水防法等の一部を改正する法律(平成29年法律第31号)が平成29年6月19日から施行され,市町村の地域防災計画にその名称及び所在地が定められた要配慮者利用施設の所有者又は管理者は
(1)避難確保計画の作成
(2)市町村長への提出
(3)訓練の実施
義務となりました。
避難確保計画を実効性のあるものとするためには,施設管理者等の皆様が主体的に作成いただくことが重要です。
また,作成した避難確保計画は,施設職員の皆様ほか,利用者やご家族の方々も日頃より確認することができるよう,その概要などを共用スペースの掲示板などに掲載しておくことも有効です。

(1)避難確保計画の作成

 
災害洪水・雨水出水・高潮災害土砂災害
法律水防法(昭和24年法律第193号)土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号。通称「土砂災害防止法」。)
区域浸水想定区域土砂災害警戒区域
対象となる施設市町村地域防災計画に定められたもの市町村地域防災計画に定められたもの

計画策定の手引き

※市町村で独自の手引きを整備している場合があるので,まずは作成前に市町村の防災担当に相談して下さい。

(1)水害に関する避難確保計画作成の手引き(医療施設等) [PDFファイル/572KB]
(2)水害に関する避難確保計画作成の手引き別冊 [PDFファイル/2MB]
(3)水害に関する避難確保計画を既存の計画への追記により作成する場合 [PDFファイル/184KB]
土砂災害に関する避難確保計画作成の手引き(手引き、作成例、チェックリスト 平成29年6月) [PDFファイル/2.26MB]
水害に関する避難確保計画作成の手引き(医療施設等)ひな形 [Wordファイル/497KB]
水害に関する避難確保計画作成の手引き(医療施設等)ひな形 [Excelファイル/267KB]
土砂災害に関する避難確保計画作成例(平成29年6月) [Wordファイル/738KB]
その他水害・土砂災害に係る要配慮者利用施設における避難計画に係る点検マニュアル [PDFファイル/359KB]
国ウェブサイト国土交通省 要配慮者利用施設の浸水対策国土交通省 土砂災害防止法が改正されました~要配慮者利用施設における円滑かつ迅速な避難のために~(平成29年6月19日)
参考ウェブサイト

要配慮者利用施設における避難に関する計画作成の事例集(水害・土砂災害)事例集(PDFへリンク)
国土交通省ハザードマップポータルサイト
 災害リスク情報の重ね図の閲覧や市町村のハザードマップの検索ができます。 
浸水ナビ
 浸水想定区域図を電子地図上で閲覧できます。
川の防災情報
 雨量・河川水位などの観測情報がリアルタイムに把握できます。
国の河川関係事務所内の「災害情報普及支援室」
 国の河川関係事務所内の計画作成,訓練の実施等の技術的助言を行う担当部署の連絡先が掲載されています。
気象庁

宮城県

○危機対策課 県内市町村避難所・避難場所
 県内市町村の避難所情報ページへのリンクが掲載されています。
○河川課 宮城県河川流域情報システム(MIRAI)
 県内の観測局のデータや警戒情報が掲載されています。
○防災砂防課 宮城県砂防総合情報システム(MIDSKI)
 県内の土砂災害警戒区域等確認マップや土砂災害警戒メール配信の設定等が掲載されています。
○道路課 宮城県道路管理GIS 
 県内の道路規制情報が掲載されています。
過去の説明会情報

 

(2)市町村長への報告

避難確保計画を作成・変更したときは、遅滞なく、その計画を市町村長へ報告する必要があります。

(3)訓練の実施

避難確保計画に基づいて避難訓練を実施します。職員のほか、可能な範囲で利用者の方々にも協力してもらうなど、多くの方々が避難訓練に参加することで、より実効性が高まります。

ハザードマップを活用するなどして、水害や土砂災害に対して安全な場所へ速やかに避難するなど、浸水想定区域や土砂災害警戒区域などの地域の災害リスクの実情に応じた避難訓練を実施することが重要です。

 

用語の解説

 要配慮者利用施設
 要配慮者利用施設とは,社会福祉施設,学校,医療施設その他の主として防災上の配慮を要する方々が利用する施設のことです。
 地域防災計画
 地域防災計画とは,災害対策基本法第40条第42条の規定に基づき,市民の生命,財産を災害から守るための対策を実施することを目的とし,災害に係わる事務又は業務に関し,関係機関及び他の地方公共団体の協力を得て,総合的かつ計画的な対策を定めた計画です。
 ○宮城県危機対策課 宮城県地域防災計画〔地震災害対策編・津波災害対策編・風水害等災害対策編〕
  ※宮城県地域防災計画の中には個別の要配慮者利用施設の名称は記載されておりません。個別の要配慮者利用施設名が記載されているのは市町村地域防災計画です。市町村地域防災計画の記載内容については施設所在地の市町村の防災担当にお問い合わせください。
 浸水想定区域
 洪水浸水想定区域とは,国土交通省及び都道府県が,洪水予報河川及び水位周知河川に指定した河川について,洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し,又は浸水を防止することにより,水害による被害の軽減を図るため,想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定したものです。
 ○宮城県河川課 河川ごとに洪水浸水想定区域図を紹介しています。
 土砂災害警戒区域
 土砂災害警戒区域とは,都道府県が,土砂災害が発生した場合,住民の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域を指定したもので,警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域です。
 ○宮城県防災砂防課 土砂災害警戒区域等指定箇所

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)