ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全防災・救急救急・救命平成30年北海道胆振東部地震に対する宮城DMATの派遣について

平成30年北海道胆振東部地震に対する宮城DMATの派遣について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月7日更新

平成30年北海道胆振東部地震に対する宮城DMATの派遣について

 平成30年9月6日木曜日未明に発生した北海道胆振東部地震に関して,9月6日に厚生労働省からDMAT(災害派遣医療チーム)派遣要請があり,県は,県内医療機関が保有するDMATを派遣しました。

 

1 DMATの派遣

 (1)派遣する医療機関(50音順)

    石巻赤十字病院,国立病院機構仙台医療センター,東北医科薬科大学病院

    各1チーム,計3チーム

 (2)チームの構成

    医師,看護師,業務調整員  計 5~7名

    ※今回は要請に基づき,各医療機関所有の救急車で出動

 (3)派遣の概要

   ・参集場所:札幌医科大学附属病院(札幌市中央区)

   ・本県出発:9月6日木曜日夕刻 各医療機関から出発

   ・現地活動:9月7日金曜日から開始予定(3日間程度)

 (4)活動内容

   被災地域における医療情報収集,トリアージ,応急治療,被災者搬送等

 

2 DMATロジスティックチーム隊員の派遣

  北海道におけるDMAT活動の業務調整支援を行うため,宮城DMATから1名を派遣

  ・派遣者:山内 聡 医師(大崎市民病院救命救急センター長)

  ・活動場所:北海道調整本部(北海道庁内)又は道内の活動拠点本部等

  ・現地活動:9月7日金曜日から開始予定

  ※全国から37名が派遣される予定

 

3 今後の対応

  今回の派遣後,現地の要請を踏まえ,順次対応してまいります。

 

記者発表資料

記者発表資料 [PDFファイル/146KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)