ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成23年人口動態統計(確定数)の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月27日更新

平成23年人口動態統計(確定数)

本文ここまでです 平成23年人口動態統計(確定数)の宮城県分は,次のとおりである。

結果の要約

1 出生数は減少

出生数は18,062人で,前年の19,126人より1,064人減少した。また出生率(人口千対)は7.8で,前年の8.2を0.4下回った。
なお,合計特殊出生率は1.25で前年の1.30を0.05下回った。

出生率
  • 宮城県 7.8|全国34位(前年27位)
  • 全国 8.3
合計特殊出生率
  • 宮城県 1.25|全国44位(前年43位)
  • 全国 1.39

2 死亡数は増加

死亡数は33,975人で,前年の21,932人より12,043人増加し,死亡率(人口千対)は14.7で,前年の9.4を5.3上回った。

死亡率
  • 宮城県 14.7|全国2位(前年35位)
  • 全国 9.9

死因別では,これまで悪性新生物,心疾患,脳血管疾患が上位を占めてきたが,不慮の事故が第1位になった。

死因別死亡人数の表
順位死因死亡数(人)死亡率(人口10万対)死亡総数に占める割合(%)前年比(%)
第1位不慮の事故 11,205人484.033.0%3.4%
第2位悪性新生物6,253人270.118.4%29.0%
第3位心疾患3,705人160.010.9%15.1%

また,乳児死亡数は85人で,前年の47人より38人増加し,乳児死亡率(出生千対)は4.7で前年の2.5を2.2上回った。

3 自然増加数は減少

出生と死亡の差である自然増加数は△15,913人で,前年の△2,806人より13,107人減少し,自然増加率(人口千対)は△6.9で前年の△1.2を5.7下回った。

自然増加率
  • 宮城県 △6.9|全国45位(前年13位)
  • 全国 △1.6

4 死産数は減少

死産数は484胎で,前年の495胎より11胎減少し,死産率(出産千対)は26.1で前年の25.2を0.9上回った。

死産率
  • 宮城県 26.1|全国15位(前年19位)
  • 全国 23.9

5 婚姻件数は減少

婚姻件数は11,409組で,前年の11,972組より563組減少し,婚姻率(人口千対)は4.9で前年の5.1を0.2下回った。また,平均初婚年齢は,次のとおりである。

婚姻率
  • 宮城県 4.9|全国17位(前年20位)
  • 全国 5.2
平均初婚年齢
  • 宮城県
    夫:30.2歳
    妻:28.6歳
  • 全国
    夫:30.7歳
    妻:29.0歳

6 離婚件数は減少

離婚件数は3,826組で,前年の4,667組より841組減少し,離婚率(人口千対)は1.65で前年の2.00を0.35下回った。

離婚率
  • 宮城県 1.65|全国38位(前年12位)
  • 全国 1.87

統計表はこちらから