ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成18年医師・歯科医師・薬剤師調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月27日更新

結果の概要

医師

宮城県の平成18年12月31日現在の届出医師数は,4,915人で前回調査である平成16年の4,765人より150人増加し,人口10万対は208.7人で平成16年の201.0人より7.7人増加しました。
人口10万対を保健所(従業地)別にみると,青葉が650.6人と最も多く,以下宮城野270.2人,若林204.3人となっており,最も少ないのは登米の106.5人で,以下気仙沼115.3人,泉118.4人となっています。

歯科医師

届出歯科医師数は,1,752人で平成16年の1,697人より55人増加し,人口10万対は74.4人で平成16年の71.6人より2.8人増加しました。
人口10万対を保健所(従業地)別にみると,青葉が224.9人と最も多く,以下宮城野67.3人,若林67.1人となっており,最も少ないのは塩釜の47.4人で,以下登米48.7人,石巻49.6人となっています。

薬剤師

届出薬剤師数は,4,482人で平成16年の4,120人より362人増加し,人口10万対は190.3人で平成16年の173.8人より16.5人増加しました。
人口10万対を保健所(従業地)別にみると,青葉が543.5人と最も多く,以下宮城野198.0人,泉174.3人となっており,最も少ないのは登米の81.6人で,以下気仙沼101.7人,栗原128.9人となっています。