ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす富県宮城推進室みやぎ発展税|平成28年度 活用施策の概要について

みやぎ発展税|平成28年度 活用施策の概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月11日更新

 『平成28年度「みやぎ発展税(通称)」の活用施策の概要』を取りまとめました。その内容については,次のとおりです。

平成28年度「みやぎ発展税」の活用方針 

 今後,我が県が「宮城の将来ビジョン」に掲げる宮城の将来像の実現及び「宮城県震災復興計画」に基づく震災からの復興を迅速かつ着実に進めるためには,将来的にも安定した経済基盤を構築するとともに,大震災の教訓を踏まえた真に災害に強い県土づくりを推進していくことが重要です。
 このため,引き続き県内総生産10兆円の達成及び県内産業の再興を目指す産業振興施策(「産業振興パッケージ」)と地震等被害最小限化施策(「震災対策パッケージ」)の二つの分野に絞り, 「宮城県地方創生総合戦略」も踏まえながら,効率的・効果的な活用を図っていきます。

H28施策概要

一覧表

項目

事業数
(前年度比)

活用額
(前年度比)
※単位 :千円

活用額が増加した主な取組
(※20,000千円以上)※単位:千円

発展税活用額合計

40(+4)

4,591,982
(+1,420,829)

-
 

産業振興パッケージ

34(+4)

4,403,363
(+1,475,332)

-
 

企業集積促進

5(▲1)

3,231,078
(+988,093)

企業立地奨励金 +1,000,000

中小企業
技術高度化支援

8(+1)

270,979
(+40,055)

自動車関連産業特別支援 +37,822

人づくり支援

5(±0)

62,831
(▲227)

-

地域産業振興促進

16(+4)

838,475
(+447,411)

水素ステーション導入促進 +380,000
宮城UIJターン助成金 +30,000
小規模事業者伴走型支援体制強化 +20,000

震災対策パッケージ

6(±0)

188,619
(▲54,503)

-
 

災害に対応する産業活動基盤の強化

1(±0)

105,921
(▲55,245)

-

防災体制の整備

5(±0)

82,698
(+742)

-

 参考 富県宮城推進基金の概要

  みやぎ発展税の税収は,富県宮城推進基金に積み立てて,その後当該基金からの一般会計繰入金として活用事業に充当します。

一覧表

H27末基金残高見込(A)

13,337百万円

H28基金積立額(B) 

+4,277百万円

H28基金充当額(C)

▲4,592百万円

H28末基金残高見込(A+B-C)

13,022百万円

※1 H28基金充当額(C)には,H27からの繰越額を含みません。
※2 基金残高については,立地決定した企業や今後立地する企業への奨励金交付等に活用します。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)