ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国際経済・交流課 > JICAと連携したマラウイへの技術協力

JICAと連携したマラウイへの技術協力

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日更新

  本県は,農業県という特性を活かした「みやぎ」ならではの国際協力として,独立行政法人国際協力機構(JICA)と連携し,平成22年度から,「食糧増産」と「水の確保」を課題とするアフリカ・マラウイ共和国へ,継続的に本県農業土木技術職員を派遣し,農業かんがい分野の技術協力を行う「みやぎ国際協力隊プロジェクト」を実施しています。

 【参考】

 ◆ 「みやぎ国際戦略プラン(第3期)」みやぎ国際協力隊プロジェクト [PDFファイル/314KB]

1 プロジェクトの概要

 趣旨

 アフリカ・マラウイ共和国へ,3期6年間の計画で本県農業土木技術職員を継続して派遣することにより,同国の農業かんがい技術の向上,「宮城」の海外における知名度・評価の向上及び本県職員の人材育成を図ります。

 実施期間

 【職員派遣】 平成22年度から平成27年度まで

         ■ 第1期派遣期間  平成22年6月~平成25年3月
         ■ 第2期派遣期間  平成25年7月~平成26年9月
         ■ 第3期派遣期間  平成26年10月~平成28年3月(予定)

 【草の根技術協力事業】 平成23年度から平成28年度まで

         ■ 第1期事業     平成23年4月~平成26年3月
         ■ 第2期事業     平成26年4月~平成29年3月(予定)

 施策展開

■ マラウイ共和国に3期6年間の計画で農業土木技術職員(3人)を派遣し,農業かんがい分野における技術指導・普及を行います。

■ プロジェクト及び派遣隊員の支援のため,JICAが実施する「草の根技術協力事業」を活用し,支援体制の整備を図ります。

■ JICA東北と協力し,イベント,広報誌等を通じた取組の情報発信を実施します。

マラウイ共和国の概要

■ 位置: アフリカ南東部(→マラウイ地図 [PDFファイル/113KB]) 
■ 面積: 11.8万平方キロメートル(北海道と九州を合わせた大きさ)
■ 人口: 1,636万人(2013年:世界銀行)
■ 首都: リロングウェ
■ 気候: 亜熱帯性気候
■ 言語: 英語,チェワ語(以上公用語),各部族語
■ 宗教: キリスト教,イスラム教,その他
■ 産業: 最大の経済基盤は農業であり,GDPの39%,全輸出額の80%を創出し,その
      耕地面積は全陸地面積の59%を占めています。主食であるメイズを中心に
      コメ,豆類,ジャガイモ,サツマイモなどの食用作物を生産しており,エステート
      と呼ばれる大規模農家などは,タバコ,茶,サトウキビなどの輸出向け換金作
      物を生産しています。

       マラウイ地図  マラウイマラウイ

2 プロジェクトの進捗

 

平成21年9月2日~9月13日

本県事前調査団をマラウイに派遣
 →調査団報告書(PDFファイル:1.84MB)
マラウイ現地調査 マラウイ現地調査
 ↑ 現地調査の様子

平成22年2月9日

【職員派遣】第1期派遣職員1名が決定(農林水産部 菅野将央技術主査)

平成22年5月28日

【職員派遣・草の根技術協力事業】JICAとの間で「みやぎ国際協力隊プロジェクト」実施にかかる合意書を締結JICAとの合意書JICAとの合意書

平成22年6月23日

【職員派遣】第1期派遣職員マラウイ共和国へ派遣
平成23年1月24日~2月6日【草の根技術協力事業】本県・JICA東北合同調査団の派遣(事前調査)
平成23年3月11日東日本大震災発生

平成23年11月24日

【草の根技術協力事業】マラウイ側の草の根協力事業にかかる協議書締結
平成24年1月18日【職員派遣】第1期派遣職員の派遣期間の1年延長が決定

平成24年2月24日~3月8日

【草の根技術協力事業】マラウイ国研修生受入

 農林水産部長表敬  研修の様子
 ↑ 研修員の農林水産部長表敬    ↑ 現地研修(水管理) 

平成24年7月6日~8月5日

【草の根技術協力事業】マラウイ国研修生受入

 研修の様子  ダム見学
 ↑ コンピュータによる設計実習    ↑ ダム視察

平成25年1月10日~1月21日

【草の根技術協力事業】短期専門家の派遣(中間モニタリング調査)

 短期専門家の派遣
 ↑ マラウイ国水開発省・かんがい局表敬訪問

平成25年2月6日【職員派遣】第2期派遣職員1名が決定(農林水産部 槻田英貴技師)
平成25年3月20日【職員派遣】第1期派遣職員帰国
平成25年4月27日~5月19日

【草の根技術協力事業】短期専門家の派遣(機材供与と機材管理に係る指導)

平成25年7月1日【職員派遣】第2期派遣職員マラウイ共和国へ派遣

平成25年7月6日~8月4日

【草の根技術協力事業】マラウイ国研修生受入

 研修の様子  測量実習
 ↑ 写真を用いたレポート作成     ↑ 測量実習

平成25年9月2日【草の根技術協力事業】第2期計画が採択内定
平成26年1月18日~1月31日

【草の根技術協力事業】短期専門家派遣(最終モニタリング調査)

 現地セミナーの様子  マラウイ側との打合せ
 ↑ 現地セミナーの様子         ↑ マラウイ国水開発省・かんがい局表敬訪問

平成26年2月13日

【職員派遣】第3期派遣職員1名が決定(農林水産部 工藤貴史技師)

平成26年7月23日~8月8日

【草の根技術協力事業】マラウイ国研修生受入

suiryoku    zagaku
  ↑ 小水力発電視察                       ↑ 水利施策講義

平成26年9月30日【職員派遣】第2期派遣職員帰国
平成26年10月1日【職員派遣】第3期派遣職員マラウイ共和国へ派遣(平成28年3月25日までを予定)

★ 草の根技術協力事業の詳しい内容・派遣職員のレポートはこちら!→ 宮城県の国際技術協力(農業土木分野)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)