ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境国際交流・外国人・パスポート国際協力 みやぎ海外絆大使の活動報告(ウズベキスタン)(2)
トップページ分類でさがすくらし・環境国際交流・外国人・パスポート海外派遣みやぎ海外絆大使の活動報告(ウズベキスタン)(2)

みやぎ海外絆大使の活動報告(ウズベキスタン)(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

隊員紹介

神垣 友夫さん

出発:平成26年9月

派遣国:ウズベキスタン

職種:品質管理

ウズベキスタンでの活動報告

1.活動概要

活動期間も残り3か月強になってしまいました。
以下にウズベキスタン活動近況を報告いたします。

現在ウズベキスタンには、JOCV(青年海外協力隊)30名、SV(シニア海外ボランティア)9名の計39名が活動中で、
ここ首都タシュケントには、神垣SV(平成26年度2次隊)を含め22名が活動中です。

引き続きウズベキスタンに「カイゼン」を導入すべく、ウズベキスタン商工会議所にて、2つの観点から活動しております。

2.カイゼンセンターの設立

まず約1年前に、商工会議所に5Sを導入しました。

その後、カイゼンセンターの設立を目指しております。

商工会議所の主催で、Training of trainer(TOT)と言う、トレーナー養成研修を行いました。

繊維工場、鉄鋼工場、ホテルと会議所で各1週間ずつ、計4週間行うもので、12人が修了し、その内6名が他社へのカイゼン指導ができる状態になりました。

あわせてもともとコンサルタント的にカイゼンを指導しているメンバーが数人おりますので、私の帰国後も、カイゼン導入の動きや指導が継続することを期待しております。

Training of trainer(TOT)
TOT1

TOT2

TOT3

3.カイゼンの試験導入

生産現場でのカイゼン指導や試験導入を行っています。

現在まで60社ほど回りました。

まずは作ったパンフレットを渡し、その内の10社ほどにマネージャー向けまたは現場での講習会や2-3日間のカイゼン研修を実施しました。

写真は紙おむつ工場とジュース工場でのひとコマです。

そもそも生産に流れが出来ている工場は少なく、自動機を導入した工場でもその稼働率はまだまだ低い状況です。

生産現場

生産現場の説明を受けている

4.生活に関して

4-1.桜の花

2002年に日本の桜が、タシュケント中央公園や日本人墓地、ナボイ劇場を始め全国の日本人抑留者墓地に計1200本移植されており、春には満開になります。

タシュケント講演の桜

日本人抑留者墓地の桜

4-2.割礼式と結婚式

イスラム教信者が多く、割礼式と言う男の子の成長を祝う儀式もあります。

割礼式

その宴会で同僚と撮りました。

宴会での写真

結婚式の前には、男ばかりが集まり、当地の名物料理プロフ(オシュ)という油で炊いたご飯を食べます。

結婚式の前の会場の様子

結婚式は500人も集まり、プロが歌ったり踊ったりする盛大な物でした。

結婚式の様子

5.その他

ハイキングとコンサートで息抜きしております。

5-1.地元ハイキングクラブのハイキングに参加

地元の方とガイドのほかに、タシュケント在住の大使館員や国際校の先生、ボランティア達と登ります。写真の遠くに見えるのはカザフスタンとの国境の山です。

ハイキング

山にはチューリップの原種が野生しており、春には可憐な花を咲かせます。

黄色いチューリップの写真

赤いチューリップがたくさん咲いている写真

5-2.コンサートの楽しみ

当地は旧ソ連邦と言う事で、バレーやオペラが盛んです。

昨年安倍首相が来られた時にリニューアルオープンしたナボイ劇場で気軽に見る事が出来ます。

また近くのコンセルバトーレでも毎週コンサートが開かれ、色々な演目を聞くことが出来、心の洗濯になっております。
ナボイ劇場でのコンサートの写真

神垣SV(26-2)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。