ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「予防管理適格者(PCQI)養成講座」の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月6日更新

 宮城県では,東日本大震災により販路を喪失し,国内だけではなく海外の市場も視野に入れ販路回復に取り組もうとしている県内の食品メーカーを支援するため,米国での販路開拓事業を実施しています。

 皆様ご存じの方も多くいらっしゃると存じますが,米国においては,2011年に制定されました米国食品安全強化法(FSMA)の基準が適用され,米国に輸出するには,当該基準に対応していることが必要となっております。

 そこで,宮城県といたしましては,今年度,県内事業者の皆様の米国食品安全強化法(FSMA)への対応をご支援するため,三段階のセミナーを実施することとし,去る7月27日に,第一弾となる「米国食品安全強化法(FSMA)セミナー」を開催させていただいたところです。

 この度は,その第二弾となる「予防管理適格者(PCQI)養成講座」を下記のとおりご案内いたします。「予防管理適格者(PCQI)」とは,当該法律の規則の一つ「危害分析及びリスクに基づく予防管理の義務付け(PCHF)」で定めている,食品安全計画の策定者として求められる資格であり,本講座の修了者はこのPCQIの資格を取得することができます。

 予防管理適格者(PCQI)の資格を取得する貴重な機会となっておりますので,ぜひこれを機に,講座にご参加いただき,貴社の「米国食品安全強化法(FSMA)」対応を進めるべく,取組を始めていただければと存じます。

概要

■対象者  以下(1)~(3)を全て満たす方

(1) 米国向けにPCHF対象品目を輸出しているもしくは輸出を考えている事業者
(2) すべてのカリキュラムを受講できる方(代理出席不可)
(3) 宮城県内に登記上の拠点がある事業者

■日  時  2018年9月4日(火曜日)9時00分 ~ 18時30分
        2018年9月5日(水曜日)9時00分 ~ 18時30分
               2018年9月6日(木曜日)9時00分 ~ 12時00分 

■会  場  中小企業基盤整備機構東北本部セミナールーム(仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル 6階)

■主 催  宮城県(委託先:ジェトロ仙台)

■定  員  20名(原則,先着順,1社につき1人)
              ※応募者多数の場合,米国への輸出実績がある方を優先しますのでご了承ください。

■料  金  1万円(テキスト代,FSPCA登録料等を含む)

■プログラム(予定)

PCQI養成講座
(食品安全計画の概要,CGMP,PRP,危害分析とは,食品安全計画の作成,危害要因分析,予防的管理措置,検証,妥当性確認,記録,リコール計画等,PCQI資格を取得するためにFSPCAが定めている内容)

■講 師  グローバリューション代表 村井京太 (PCQIリードインストラクター) 
       (ジェトロ 新輸出大国コンソーシアム エキスパート)

■申込締切  8月28日(火曜日) 

※詳細については,募集案内 [PDFファイル/231KB]を参照ください。

申込み方法等

下記ウェブページをクリックしイベント申し込みページよりお申し込みください。
  https://www.jetro.go.jp/sendai

連絡先

ジェトロ仙台

担当:眞治,千金良

Tel:022-223-7484
メール:sen@jetro.go.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)