ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

米国デラウエア州との姉妹・経済交流について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月9日更新

【海外マスメディア招致業務(アメリカ)に係る企画提案募集のお知らせ】

 宮城県では,本県への外国人誘客の促進を目的として,姉妹州であるデラウェア州等から海外マスメディアを招致し,本県の魅力を海外に向けて発信する「平成28年度海外マスメディア招致業務(アメリカ)」の委託先を企画提案により募集いたします。詳細については,以下のページをご覧ください。

平成28年度海外マスメディア招致業務(アメリカ)

【デラウェア州との交流の経緯】

 宮城県では,1990年(平成2年)から,アメリカ合衆国デラウェア州との友好交流を推進してきました。
 本県とデラウェア州はほぼ同緯度にあり,気候や風土,首都からの時間的距離など共通点も多く,様々な交流を通し,相互理解と友好親善を深めてきました。
 こうした交流の積み重ねにより,1997年9月,デラウェア州カーパー知事が来県し,「日本国宮城県とアメリカ合衆国デラウェア州との姉妹県州締結に関する議定書」に調印しました。

姉妹県州締結後も,中・高校生の派遣など人的交流を中心に友好を深めるとともに,平成19年に県知事がデラウェア州を訪問し,経済交流を促進することで合意したことをうけ,近年では経済分野での交流に力を入れています。

カーパー知事が宮城県を訪問し,浅野知事と「姉妹県州締結に関する議定書」に調印【平成9年9月】

デラウェア州との友好姉妹県議定書(日本語)
議定書(日本語)

デラウェア州との友好姉妹県議定書(英語)
議定書(英語)

村井知事がデラウェア州を訪問し,ミナー知事と経済交流促進で合意【平成19年4月】

村井県知事とミナー州知事
村井知事とミナー知事

経済商工観光部長がデラウェア州を訪問し,州務局長と「経済交流展開合意書」に署名【平成21年11月】

合意書調印
「交流合意書」調印

交流合意書(日本語)
交流合意書(日本語)

交流合意書(英語)
交流合意書(英語)

 マーケル知事が宮城県を訪問し,村井知事と「共同宣言書」に署名【平成24年12月】

共同宣言書調印
「共同宣言書」調印

村井知事とマーケル州知事
村井知事とマーケル州知事

共同宣言書(日本語)
共同宣言書(日本語)

共同宣言書(英語)
共同宣言書(英語)

【デラウェア州の概要】

  デラウェア州はアメリカ合衆国東海岸中部に位置し,合衆国の首都ワシントンDCや経済の中心地ニューヨークなどの主要都市まで約1時間半の近い距離にあります。

面積

約5,133平方キロメートル(宮城県の約3分の2)

人口

91.7万人(2012年現在)(宮城県の約3分の1)

歴史

アメリカ合衆国建国時の1787年,最初に合衆国憲法に批准したの誇り高き歴史を有し,「ファースト・ステート(第一番目の州)」として知られます。

特長

企業活動に有利な会社法や低い法人税率の採用によって,約25万社(全米大企業の半数以上を含む)が登記上の本社を同州においています。化学・バイオ分野の産学連携による企業が集積するほか,貿易も盛んな経済州です。
観光:州南部の大西洋沿岸は,連邦政府の要人も数多く訪れる全米有数のリゾートで「アメリカの夏の首都」と呼ばれているそうです!

デラウェア大学テクノロジーパーク
デラウェア大学テクノロジーパーク

リホボスビーチ
リホボスビーチ

【デラウェア州との交流】