ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすくらし・環境国際交流・外国人・パスポート多文化共生「多文化共生シンポジウムinくりはら」を開催しました!

「多文化共生シンポジウムinくりはら」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月23日更新

平成29年1月29日(日曜日),栗原市若柳総合文化センター(若柳ドリーム・パル)にて「多文化共生シンポジウムinくりはら」を開催しました。
当日は,災害体験から学ぶ多文化共生のあり方をテーマにした講演やパネルディスカッションを行い,約140名の方にご参加いただきました。

チラシはこちら [PDFファイル/4.1MB]

《現状報告》・《基調講演》

開会

○会場の様子
会場の様子

○主催者あいさつ
主催者あいさつ

現状報告「宮城県の多文化共生の現状について」

○(公財)宮城県国際化協会事務局次長 大村昌枝 氏

(公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 大村 昌枝 氏

宮城県の外国人登録の現状について数値的な内容を含めてお話しいただきました。

基調講演「被災体験をバネに母国台湾との架け橋を担う」

○南三陸町国際交流協会 理事 佐藤金枝 氏 

南三陸町国際交流協会 理事 佐藤金枝 氏

ご自身の経験をふまえ,避難所での生活状況や在住外国人としての防災のあり方・注意点,また,被災経験を活かした現在の活動状況などについてお話しいただきました。

《パネルディスカッション》

パネルディスカッション「地域住民みんなで備えておくべきこと~ワタシの防災対策あれやこれや~」

 ○パネルディスカッションの様子

写真左側から
コーディネーター (公財)宮城県国際化協会事務局次長兼企画事業課長 大村 昌枝 氏

コメンテーター 南三陸町国際交流協会 理事 佐藤金枝 氏

パネリスト

  • 栗原市在住 佐藤晶紀 氏
  • 栗原市在住 熊谷かおり 氏
  • 栗原市在住 髙橋アシュリー 氏
  • 栗原市在住 佐々木幸 氏

地元にお住まいの在住外国人の皆様の経験についてお話をいただきました。在住外国人が防災対策としてどのようなことをしておくべきかなどを考えながら,地域で安心して暮らせる方策について考えることができました。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)