ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

配偶者からの暴力(DV)被害に関する相談

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月30日更新

DV(ドメスティックバイオレンス)とは

配偶者やパートナー(事実婚も含みます)などの親密な関係にある人からの暴力のことを言います。
殴る,蹴る等の身体的暴力だけでなく,大声で怒鳴ったり脅したりする精神的暴力,ほかに,
性的暴力,経済的暴力,社会的暴力などがあります。また,暴力を子どもに見せることは,子どもの将来に深刻な影響を及ぼす場合もあり,DVは子どもへの虐待とも言えます。

DVは重大な人権侵害です

どんな理由があろうと暴力を振るうことは許されません。それは,たとえ夫婦の間であっても同じ事です。
家庭内での暴力はなかなか人には相談しにくく,自分ひとりで解決しようと悩んでいませんか。
秘密は厳守いたします。お気軽にご相談下さい。  

相談窓口

  • 宮城県東部保健福祉事務所登米地域事務所 母子・障害班 Tel 0220-22-6118
  • 登米市福祉事務所 子育て支援課   Tel 0220-58-5562
  • 宮城県女性相談センター (配偶者暴力相談支援センター) Tel 022-256-0965
    夜間や緊急を要する場合は,最寄りの交番,警察署にご相談下さい。