ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長沼ダムの主要施設

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

長沼ダム主要施設概要図

長沼ダム主要施設概要図

1.主ダム

 主ダムは、堤頂長1,035m、堤高15.3m、堤体積540,000m3の均一型アースフィルダムで計画されており、堤体材料は近傍にある川戸沼の土取場から運搬し、タンピングローラーで転圧し築造します。

 主ダムの基礎となる部分は軟弱地盤であるため、すべり、沈下、浸透、地震により壊れないようにするためにG.C.P(グラベルコンパクションパイル)工法により締固めた砕石杭を地中に造ることで軟弱地盤を改良するとともに砕石杭の支持力によって安全性を確保するものです。

主ダム模式図

2.導水路

 導水路は、迫川本川から長沼ダムまでを結ぶ延長2,700m、堤間105.5mで計画されている水路で、迫川の洪水を越流堤により導水させ長沼ダムに貯留することにより洪水調節を行い、その後迫川の水位が低下したのちに、放流するための水路として使われます。

3.越流堤

 越流堤は、導水路と迫川が接する箇所に設けられる延長580mの自然越流型堤防です。この越流堤により最大600m3/sの洪水を長沼ダムに導入することができます。

越流堤(洪水時)の模式図

4.鞍部ダム

 迫町古宿地区にはダム天端(てんば)より低いところがあり、洪水調節を行うときにダムに貯留された洪水が貯水池外に流出することを防止する目的で締切堤を設けます。この締切堤を鞍部(あんぶ)ダムといい、平成11年度に完成しています。

5.漕艇場

 平成2年のインターハイ漕艇競技が長沼を会場として開催されて以来、関係者から寄せられる長沼の漕艇場としての評価は非常に高いものがあります。

 長沼はもともと漕艇場としての立地条件に恵まれており、これをさらに有効活用するため、宮城県教育庁が国際A級コースの整備を行うこととなり、漕艇場としての必要水深確保とダムの堆砂容量確保のため、共同事業により浚渫工事が実施され平成8年度に完成しました。

6.その他施設

荒川サイフォン工事

 荒川サイフォンは、長沼ダムの建設に伴い築造される導水路が、迫川と長沼を接続する途中で荒川と交差することになるため、この部分を立体交差とし荒川をサイフォン構造として流下能力の確保を図ったものです。その大きさは幅6m×高さ5m×6連,延長242mで、昭和63年に工事着手し平成5年度に土木工事が完成しました。

湖周道路工事

 貯水池と民地との境界には、町道付替及び管理用として総延長約27kmの湖周道路が計画されており、地域住民の生活道路として、あるいはダムの管理用道路としての役割を果たすべく現在整備が進められています。

背後地盛土計画

 長沼ダム上流滝沢と梅ヶ沢地区は、ダム計画による水位上昇に伴い内水区域となります。その対策として、両地区の副堤背後に調整池を設置して、洪水時に対応するとともに調整池H.W.L(計画高水位)より低い水田部は、嵩上げ盛土を計画しています。盛土材は主に主ダム等の工事に伴い発生する残土や、土取場から発生する土砂で賄います。