ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土砂災害防止月間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月17日更新

みんなで防ごう!土砂災害

「土砂災害防止月間」(6月1日~30日)は、昭和57年の長崎県の豪雨災害を契機として、昭和58年に創設され、土砂災害防止に関する国民の理解と関心を深めるため、防災知識の普及、警戒・避難体制の整備等に関する各種運動を実施することにより、土砂災害による人命、財産の保全に資することを目的としています。

石巻土木事務所では、月間中に以下の取り組みを実施します。

土砂災害防止月間中の取り組み

  1. 住民と行政による土砂災害危険箇所の点検を実施します。
    当管内において、各市町村の協力を得ながら、土石流危険渓流及び急傾斜地危険箇所について点検を実施します。
  2. ラジオ放送等を通じ住民の方々に情報を提供します。
    砂災害関連情報を広く提供するため、ラジオ石巻のご協力を頂き、土砂災害関連情報を広く提供します。
  3. 市町村の広報誌によるPR
    管内各市町村の広報誌の6月号に「土砂災害防止月間」の情報を掲載します。