ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 震災援護室 > 応急仮設住宅(プレハブ住宅)の概要

応急仮設住宅(プレハブ住宅)の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月10日更新

お知らせ

 応急仮設住宅(プレハブ住宅)の供与期間の延長について

応急仮設住宅とは!

  • 災害救助法(昭和22年10月18日付け法律第118号)第23条第1項第1号に「救助」のひとつとして「収容施設(応急仮設住宅を含む。)の供与」と定められています。
  • 応急仮設住宅といった場合には,いわゆる「プレハブ住宅」のことを指していますが,このプレハブ住宅での不足等を補うために民間の賃貸住宅(アパートや貸家など)を県が貸主から借上げて応急仮設住宅として住居を提供するいわゆる「みなし仮設」があります。(民間賃対住宅の基本的な仕組みのページへ)
  • 応急仮設住宅の入居対象者は,災害により住家が全壊,全焼又は流失などして居住する住家がない者で,自らの資力では住宅を得ることができない者に対して提供することを原則とするとされています。
  • いつ,どこでどのような被害をもたらす災害が発生するか予測がつかないことから,応急仮設住宅(プレハブ住宅)の速やかな整備を行うために,県では,社団法人プレハブ建築協会と「災害時における応急仮設住宅の建設に関する協定書 [PDFファイル/101KB]」を締結しています。

東日本大震災における応急仮設住宅(プレハブ住宅)の整備経過

 広範囲で甚大な被害をもたらした東日本大震災においては,最終的に沿岸部を中心に15市町で406団地,22,095戸を整備しました。

整備した15市町

 仙台市,石巻市,塩竈市,気仙沼市,名取市,多賀城市,岩沼市,東松島市,亘理町,山元町,七ヶ浜町,女川町,南三陸町,大郷町,美里町

  • 当初,公有地で上水道や電力などのいわゆるライフラインが整備されている場所や浸水の影響を受けない安全な用地などを県のガイドラインや国の用地選定方針により選定していきましたが,整備可能な平坦な土地の大部分が津波被害により浸水していた地域もあり,また,整備必要戸数が多いために,用地の確保は大変難航し,最終的には,民有地にも整備しました。

応急仮設住宅(プレハブ住宅)整備経過

平成23年3月14日

  • 「災害時における応急仮設住宅の建設に関する協定」に基づき,社団法人プレハブ建築協会(以下「プレ協」という。)に対して,応急仮設住宅(プレハブ住宅)1万戸の建設を要請。

平成23年3月17日

  • 市町村営住宅の被災状況や応急仮設住宅(プレハブ住宅)の建設用地,建設要望戸数の聞取等の調査のため,職員(11班体制)が市町を巡回開始。

平成23年4月1日

  • 巡回調査の結果,概ね3万戸が必要と見込まれたことから,プレ協へ2万戸を追加し3万戸の建設を要請。

平成23年4月28日

  • 第1次分完成・入居開始(13 市町1,312 戸)。

平成23年5月19日

  • 市町村に対し建設戸数に関するニーズ調査を実施した結果を踏まえ,建設戸数を2万3千戸に修正。

平成23年9月28日

  • 県整備分21,519戸が完成。

平成23年11月4日

  • 市町建設分も含め400団地22,042戸が完成。

平成23年12月26日

  • 6団地53戸の追加整備も含め最終的に406 団地22,095 戸(グループホーム型290戸含む。)全てが完成。
  • 市町からの要望に基づいて,被災者の障害状態に合わせた高齢者・障害者向けのグループホーム型仮設住宅を5市2町で計36棟290戸整備。
  • 寒さ対策等追加整備のうち,外壁断熱材の追加,窓の二重サッシ化・複層ガラス化, 消火器設置,暖房器機設置が完了。

平成24年1月15 日

  • 寒さ対策等追加整備のうち,風除室,スロープ廊下下屋,暖房便座設置が完了。

平成24年3月10 日

  • 寒さ対策等追加整備のうち,水道管等の追加凍結防止対策完了。

平成24年3月21 日

  • 寒さ対策等追加整備のうち,棟間通路,駐車場の舗装等整備完了。

平成24年11月30 日

  • 風呂の追い焚き機能追加及び物置設置に係る追加工事が完了。

 整備戸数の内訳

 406団地 22,095戸(うちリース:3,446戸,買取:18,649戸)

住戸タイプ(戸)

グループホームタイプ(戸)

合計(戸)

(A)+(B)

談話室

集会所

高齢者向け

障害者向け

計(B)

1DK

2DK

3K

計(A)

棟数

戸数

棟数

戸数

棟数

戸数

3,115

15,375

3,315

21,805

25

219

11

71

36

290

22,095

200

132

332

 うち市町整備戸数【山元町(284戸),女川町(189戸),南三陸町(50戸)】

 応急仮設住宅(プレハブ住宅)整備状況(市町別) [PDFファイル/78KB]

 応急仮設住宅(プレハブ住宅)集会施設整備状況(市町別) [PDFファイル/81KB]

 完了時期別の整備状況の一覧

 整備は1次から17次に亘って行いましたが,整備が完了した順に整理した団地と戸数については,こちらをご覧ください。

  応急仮設住宅(プレハブ住宅)整備状況一覧(完了時期別) [PDFファイル/1002KB]

応急仮設住宅(プレハブ住宅)の整備位置

  応急仮設住宅(プレハブ住宅)の位置図等(土木部住宅課のページへ) 

応急仮設住宅(プレハブ住宅)の管理

 応急仮設住宅(プレハブ住宅)への入退去の手続きや管理に関することは,県と市町とで取交わした協定に基づき,各市町で行っていますので,それぞれの市町へお問い合わせ願います。

暮らしの豆知識


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)