ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

身体拘束に関する調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月27日更新

身体拘束廃止取組状況調査及び意識調査について

平成12年4月に施行された介護保険法により,身体拘束は人権擁護のほか身体機能・精神機能を低下させるという観点から問題があるとして,介護保険施設等では原則として禁止されています。

 宮城県では,介護保険施設等での身体拘束廃止の取組を進めるため,事業所の取組状況調査及び意識調査を実施しています。

身体拘束廃止取組状況調査及び意識調査の結果

平成26年度調査結果

表紙・目次・概要 [PDFファイル/186KB]

調査結果概要 [PDFファイル/367KB]  

別紙 廃止へ具体的な取組 [PDFファイル/210KB]  

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)