ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす長寿社会政策課ロボット等介護機器導入促進事業

ロボット等介護機器導入促進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月5日更新

ロボット等介護機器導入促進事業について

 介護人材確保のため,介護職員の勤務環境改善による負担軽減と介護職の魅力向上が必要となっている背景から,以下の目的を達成するため,「ロボット等介護機器導入促進事業」を開始しています。

<事業の目的>

  • ロボット等介護機器の導入による介護職員の勤務環境改善による負担軽減
  • 介護現場のニーズに基づく機器開発によるロボット等介護機器の有用性向上
  • 介護現場のニーズに基づく機器開発への関与やロボット等介護機器の導入による介護職の魅力向上

各事業の紹介

本事業は,いくつかの事業で構成されています。詳細は,各事業のページを御覧ください。

  1 ロボット等介護機器開発協働事業
  2 介護ロボット導入支援事業(補助金)
  3 ロボット等介護機器導入支援事業(補助金)
  4 ロボット等介護機器導入モデル事業(委託)
  5 ロボット等介護機器導入活用アドバイザー事業
  6 展示会・講演会

 

<全体事業概要>

 事業概要 [PDFファイル/367KB]

 全体スケジュール [PDFファイル/284KB] (事業全体のスケジュールデータをダウンロード)

 

今後の事業説明会・セミナー・見学会の予定
日時場所内容対象者備考

平成31年4月15日(月曜日)
午後2時~午後4時

宮城県庁
2階
講堂

<事業説明会>
 【1】介護ロボット導入支援事業
 【2】ロボット等介護機器導入支援事業

県内に存する左記事業の対象となる介護事業所(施設)を運営する者等

・事前の申込者を優先とさせていただきます。空席がある限り当日参加も可能です。

・受付で施設名と氏名をお伝えください。

令和元年7月1日(月曜日)
午後1時30分~午後4時30分

宮城県庁
2階
第二入札室

<ロボット等介護機器導入セミナー(第1回)>
 ・介護ロボットの導入活用について
 
<ミニ展示会>(併催予定)
 ・県内の販売店等によるもの

・県内に存する介護事業所(施設)を運営する者等で,介護ロボットの導入活用を検討している者

 

令和元年
8月1日(木曜日)
8月5日(月曜日)
〔第1回〕

各モデル施設<見学会>
 令和元年度ロボット等介護機器導入モデル事業での導入活用施設で開催予定
・高齢者福祉関係者
・その他福祉関係者
事前申込みが必要です。

令和元年12月上旬
〔第2回〕

令和2年2月5日(水曜日)
午後1時30分~午後4時30分
宮城県庁
2階
第二入札室

<ロボット等介護機器導入セミナー(第2回)>
 ・導入活用の振り返り,PDCAサイクル
 ・意見交換,グループワーク

・令和元年度ロボット等介護機器導入支援事業において導入活用を行った事業者(施設職員等)対象者には別途通知します。

 ※ 宮城県庁の会場には駐車場がありません。公共交通機関を御利用いただくか,近隣の有料駐車場を御利用ください。

 

1 ロボット等介護機器開発協働事業

 介護現場の課題(ニーズ)と開発企業の技術(シーズ)のマッチングを行うものです。また,開発協力(開発前のヒアリング,開発中のモニタリング等)に向けた開発企業と介護事業所の調整も行っています。

 県内の介護保険施設等で積極的に協力を希望する施設がありましたら,随時,ホームページ下記の本課担当班まで御連絡ください。

 ロボット等介護機器開発を行っている企業で,開発に関する意見交換やマッチングの希望がございましたら,随時,ホームページ下記の本課担当班まで御連絡ください。

<事業イメージ図>
  
  マッチング事業イメージ図


<H31年度までの取り組みについて>

 平成26年度から介護ロボット等の開発を進めている企業と情報交換を重ね,本県の課題解決に繋がるものについてのマッチングを進めています。

 平成28年度には,実用化導入マッチングの第1号として,特別養護老人ホームうらやす(社会福祉法人みずほ/名取市)がテレノイドの世界初の実用化本格導入を決めたため,平成29年2月11日には,テレノイド開発者の石黒浩教授(大阪大学特別教授)をお招きし,村井知事出席の上で「介護ロボット等マッチング支援第1号!『テレノイドウェルカムセレモニー』~テレノイド本格導入世界初~」を開催しました。

  みやぎニュースクリップ/「介護ロボット等マッチング支援第1号!『テレノイド ウェルカムセレモニー』~テレノイド本格導入 世界初~」を開催しました(H29.2.11) (県広報課ホームページへのリンク)

 

2 介護ロボット導入支援事業(補助金)

 県内の介護事業所に対して,介護従事者の負担軽減を目的とした介護ロボットの導入に要する経費を補助するものです。詳細は以下のホームページを御覧ください。

 平成31年度介護ロボット導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)   

<参考:過年度事業>

 平成30年度介護ロボット導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)

 平成29年度介護ロボット導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)

3 ロボット等介護機器導入支援事業(補助金)

 県内の介護保険施設等に対して,介護従事者の負担軽減に資するロボット等介護機器又は介護職の魅力向上に資する次世代型のロボット等介護機器の導入に要する経費を補助するものです。詳細は以下のホームページを御覧ください。

 平成31年度ロボット等介護機器導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)     


<参考:過年度事業>

 平成30年度ロボット等介護機器導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)

 平成29年度ロボット等介護機器導入支援事業について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)

4 ロボット等介護機器導入モデル事業(委託) 

 県内の介護保険施設等において,ロボット等介護機器を導入し作業効率や生産性の向上に着目して効果的・継続的に活用していくモデル施設を創設するものです。
 県内の他の介護事業者にロボット等介護機器の導入活用を体感してもらうことで,介護現場へのロボット等介護機器の導入を身近に感じさせるとともに,モデル施設を参考とした課題解決型のロボット等介護機器の導入を促していきます。
 詳細は以下のホームページを御覧ください。

  令和元年度ロボット等介護機器導入モデル事業「見学会」について (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)


<事業イメージ図>

 事業イメージ
 

 

5 ロボット等介護機器導入活用アドバイザー事業

 県内の介護保険施設等におけるロボット等介護機器の導入・活用を促進するため,「宮城県ロボット等介護機器導入活用アドバイザー」(以下「アドバイザー」という。)を設置します。
 アドバイザーは,県内の介護保険施設等からの相談を受けて個別の訪問指導を行うほか,県が開催する各種セミナー等の講師を務めます。アドバイザーは県からの委嘱とし,任期は1年で再任も可能です。

 県内の介護保険施設等で,ロボット等介護機器の導入活用について御相談等がありましたら,以下のホームページを御覧ください。

 ロボット等介護機器導入活用アドバイザーについて(県長寿社会政策課ホームページへのリンク) ※随時更新予定

 

 また,「ロボット等介護機器導入セミナー」についての詳細は,以下のホームページを御覧ください。

  ロボット等介護機器導入セミナーについて (県長寿社会政策課ホームページへのリンク)  ※随時更新予定

<事業イメージ図>

事業イメージ

 

宮城県ロボット等介護機器導入活用アドバイザー
所属等役職・氏名主な業務内容任期

株式会社とげぬき
介護ロボット経営実践会

代表取締役
関口 史郎
施設相談対応,施設訪問指導,セミナー講師R1.5.7~R2.4.30(予定)

 

6 展示会・講演会

 県内の介護保険施設等へのロボット等介護機器の普及促進のため,展示会及び講演会を開催します。

 詳細が決まり次第,公表します。

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)