ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症予防について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月23日更新

熱中症について

熱中症は,高温の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり体内の調整機能がうまく働かず,体温が著しく上昇するなどして発症する障害の総称です。

熱中症が疑われる症状は,めまい,失神,頭痛,吐き気,嘔吐,倦怠感,体温の異常な上昇,大量の発汗などです。

熱中症は放っておくと死に至ることがありますが,予防法を知っていれば防ぐことができます。

 

予防方法

熱中症予防リーフレット [PDFファイル/765KB]

リーフレットに関する各種ご質問は厚生労働省健康局健康課(Tel:03-5253-1111(内:2332))までお問い合わせください。


以下については熱中症予防に関連する外部リンクです。

情報収集にご活用ください。

熱中症関連情報(厚生労働省)

「健康のため水を飲もう」推進運動(厚生労働省)

職場における労働衛生対策[熱中症予防対策](厚生労働省)

熱中症予防情報(環境省)

熱中症から身を守るために(気象庁)

異常天候早期警戒情報(気象庁)

熱中症情報(消防庁)

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)