ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉介護福祉介護福祉制度・各種支援平成30年6月以降の介護老人保健施設サービス費(1)の算定について

平成30年6月以降の介護老人保健施設サービス費(1)の算定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月13日更新

平成30年6月以降の介護老人保健施設サービス費(1)の算定について

1 概要

平成30年度介報酬改定により,介護保険施設サービス費(1)については在宅復帰在宅療養支援等評価指標を算定(下記別紙13を利用)し,その指数に基づき人員配置区分を決定することとなっています。

区分については,厚生労働省が示す「平成30年度介護報酬改定に関する Q&A(Vol.1)」の問101により,指数を満たしていなくとも,平成30年4月分及び5月分については人員配置区分を「基本型」以上で取り扱うことが可能でした。

しかし,6月以降につきましては,各月毎に在宅復帰在宅療養支援等評価指数を算定していただき,現行の区分から変更がないことを確認していただきますようお願いします。

なお,指数を算定した結果,区分が「基本型」あるいは「在宅強化型」の基準を満たさなくなった場合は,算定届の届出が必要となりますので,ご注意ください。

2 参考資料等

介護老人保健施設(基本型・在宅強化型)の基本施設サービス費及び在宅復帰・在宅療養支援機能加算に係る届出(別紙13) [Excelファイル/34KB]

 

参考(厚生労働省介護報酬改定関係ウェブサイト)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。