ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財指定文化財|県指定有形文化財|木造菩薩立像

指定文化財|県指定有形文化財|木造菩薩立像

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月23日更新

木造菩薩立像

所在地:仙台市太白区長町一丁目

所有者:十八夜観世音堂保存会

仙台市太白区長町一丁目に所在する十八夜観世音堂の本尊です。

菩薩の姿をした立像で、観音菩薩として現地でまつられておりますが、宝冠を失い、頭部周囲に小さな仏の存在などを確かめられないため、詳しい像名は不詳です。像の高さは138.5cmです。

頭頂部の球形をした髻(もとどり)、腹部が細く腰高のプロポーション、顎と肩を引き、ゆるやかなS字を描いて、安定した側面観は、木製仏像の古い様式を伝えています。左足下に切断された痕跡があり、制作当初は台座を含めて一つの材であったと思われます。

こうした作風と技法から、制作時期は8世紀末から9世紀初頭、奈良時代末期から平安時代初期とすることができます。

菩薩像は一本のカヤの木から彫り出されています。カヤ材は奈良時代末期から平安時代初期に、畿内の木彫像に意識的に採用された材種で、同じ頃の、東北地方に伝わる木彫像の多くはケヤキ材であることから、本像は畿内の仏像制作の作法に基づいていると考えられます。

像の右腕の肘から先、左手、右の足元などは後の時代に補っておりますが、総じて状態がよく、東北地方に残る木彫像としては、現存、最古であり、その文化財的な価値は極めて高いと思われます。

木造菩薩立像