ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす観光・文化文化文化財「みちのくGOLD浪漫―黄金の国ジパング、産金はじまりの地をたどる―」が日本遺産に認定されました。

「みちのくGOLD浪漫―黄金の国ジパング、産金はじまりの地をたどる―」が日本遺産に認定されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月31日更新

令和元年度日本遺産に、涌谷町・南三陸町・気仙沼市と岩手県平泉町・陸前高田市で構成する

「みちのくGOLD浪漫―黄金の国ジパング,産はじまりの地をたどる―」

が認定されました。

【構成自治体】 

宮城県(気仙沼市・南三陸町・涌谷町),岩手県(平泉町・陸前高田市)

【ストーリー概要】

 日本初の“金”産出は奈良時代の陸奥国((むつのくに)とされています。現在の岩手県や宮城県を含み,「みちのく」とも呼ばれるこの地が生んだ“金”は富の象徴のみならず,奈良・東大寺の大仏や平泉・中尊寺金色堂を彩り,祈りの対象として人々の心に光を灯してきました。

 私たちは,時代とともに幾重にも結び付き,独自の文化や信仰,産業へと昇華した“金”と人々の縁を,“みちのくGOLD”と名付け,価値や魅力の掘り起しを始めました。日々の生活や風土に溶け込んだ“みちのくGOLD”との出会いは,悠久の時を経ても色褪せることのない浪漫に満ち溢れています。

黄金の国ジパングの礎となった砂金  大谷鉱山巨大精錬所跡

黄金の国ジパングの礎となった砂金(イメージ)    大谷鉱山巨大精錬所跡(気仙沼市)

 

【日本遺産(Japan Heritage)の概要】

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーが,日本遺産として認定されています。 ストーリーを語る上で不可欠な有形・無形の文化財群を,地域主体で総合的に整備・活用し,国内外へ戦略的に発信することにより,地域の活性化を図るものです。

 宮城県内での日本遺産の認定は,平成28年4月認定の「政宗が育んだ“伊達”な文化」(宮城県・仙台市・塩竈市・多賀城市・松島町)以来で,県内では2件目となります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。