ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがすアジアプロモーション課「平成29年度東南アジア県産品販路拡大・海外進出可能性調査業務」の企画提案を募集します【選定結果を公表しました】

「平成29年度東南アジア県産品販路拡大・海外進出可能性調査業務」の企画提案を募集します【選定結果を公表しました】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月5日更新

 

募集概要

 本県では,ベトナムを対象に,平成27年度より「ベトナム宮城県産品マーケティング支援事業」をはじめとする事業を実施し,県産品の販路開拓等に努めてきたところです。

 これらのベトナム関連事業については,平成31年度までの時限とされていることから,ポストベトナムの国として,東南アジアに属するエリアを対象として,本県が平成32年度から事業を行うべき国・地域を選定するため,当該国・地域の特性,嗜好等を調査する業務を委託する相手方を選定するため,下記のとおり企画提案を募集します。(詳細は「企画提案募集要領」をご確認ください。)

1. 業務名称 

 平成29年度東南アジア県産品販路拡大・海外進出可能性調査業務

2. 平成29年度調査対象国 

 タイ王国及びインドネシア共和国

3. 業務内容 

調査対象国における以下の項目に関する調査

1 タイ王国に係る調査

 (1)宮城県産品(食品)の販売戦略

  イ 定着市場とされる同国における新たな県産品を紹介する手法

  ロ 高付加価値商品を受け入れてもらうための手法

  ハ 常設棚に入り込むための手法

  ニ 他都道府県の産品及び他国産類似品との差別化

  ホ その他効果的な広報,宣伝手法

 (2)日本産品(食品)の輸入概況等

  イ 日本産品の流通状況及び輸入実績

  ロ 日本産品の輸入及び流通に係る規制,課題等(法令,検疫状況,宗教等を含む。)

 (3)都市部の小売店における日本産品(食品)の流通,販売状況

  イ 富裕層及び中間層向けの主要販売店とその特徴

  ロ 上記販売店における日本産品の陳列状況,販売価格

  ハ 主要な輸入業者から販売業者までの流通体系及び具体的事業者名称

  ニ 上記輸入業者等における日本産品の取扱状況

 (4)都市部の高級ホテル及びレストランにおける日本産品(食品)の使用状況

  イ 高級ホテル及びレストランにおける日本産品の使用状況

  ロ 主要な輸入業者からホテル,レストランまでの流通体系及び具体的事業者名称

 (5)日本産品(食品)の輸出可能性

  イ 現地で有望な日本産品

  ロ 日本産品の競争優位性

  ハ 消費者の志向及びそのトレンド

 (6)その他日本産品(食品)に関する事項

  イ 残留農薬基準及び同国独自の使用禁止原材料等

  ロ 表示価格

  ハ 食品ラベル表示に関する法律・規格

  ニ 商取引の習慣

  ホ 輸入・販売に関する規制,税代金決済の習慣

  ヘ 輸出を想定したシミュレーション輸送日数,輸送コスト等の把握

 (7)製造業の輸出・進出可能性

  イ 現地で有望な日本製工業製品等

  ロ 日本製工業製品の競争優位性

  ニ 現地物流環境,工業製品等の流通に係る規制,課題等

  ホ 商談会や展示会の開催状況

  ヘ 日本からの進出企業に対する現地政府等の支援制度

  ト 宮城県内中小企業の進出可能性 

  チ 現地固有の商習慣等

 

2 インドネシア共和国に係る調査

 (1)宮城県産品(食品)の販売戦略

  イ 有望・開拓市場とされる同国における県産品のアプローチ手法

  ロ 基本的な日本に関する情報提供手法

  ハ 「宮城」を基礎から売り込むための手法

  ニ 輸出障壁及び各国特有の輸出実務

  ホ その他効果的な広報,宣伝手法

 (2)~(7)は上記1(2)~(7)のタイ王国の調査項目と共通

4. 委託予定期間

 契約締結日から平成30年3月23日(金曜日)まで

5. 委託事業者の選定方法

 公募型企画提案(プロポーザル)方式

6.予定価格

 5,421,999円(消費税及び地方消費税を含む。)

7. 募集要領

 企画提案募集要領 [PDFファイル/382KB]

 申請書等様式 [Wordファイル/51KB]

スケジュール(予定)
期日内容
平成29年11月 2日(木曜日)企画提案募集開始
平成29年11月 9日(木曜日)質問受付期限
平成29日11月13日(月曜日)質問への回答期限
平成29年11月16日(木曜日)企画提案書の提出期限
平成29年11月28日(火曜日)企画提案書の選考
平成29年12月 5日(火曜日)

選考結果の通知

8.選定結果

 業務委託候補者:株式会社フォーバル

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)