ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ各種申請手続き及びスマイルサポーターの認定河川に関する手続き(占用許可,行為の許可等)

河川に関する手続き(占用許可,行為の許可等)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月4日更新

 河川区域に工作物等を設置したいときや,河川区域を使用したい場合は,河川管理者への申請・届出が必要になります。(詳しい手続きについては,下記をクリックしてください。)

 

 ※※※申請に当たってのお願い※※※

 河川区域等に関する手続きについては,砂防三法(砂防法,地すべり等防止法,急傾斜地方)や土砂災害防止法等との関連を把握したいので,事前に来所して相談いただきますようお願いいたします。

 

管理河川・様式集

 【管理河川】

 当事務所で管理している河川については,【管理河川一覧 [PDFファイル/60KB]】をご覧ください。

 管理河川の位置図については,【管内図 [PDFファイル/7.62MB]】をご覧ください。

 なお,当事務所で管理している河川は管内の一級河川の指定区域です。

 

 【各種様式】

 河川に関する手続きの際に必要な様式は以下のとおりです。各種申請・届出の添付書類や手続きの流れについては,各手続きの項目を参照してください。

 
河川に関する手続き様式集
河川区域の占用の許可(河川法第24条)関係
工作物の新設等の許可(河川法第26条)関係
土地の掘削等の許可(河川法第27条)関係
河川保全区域における行為の許可(河川法第55条)関係
 

河川区域の占用の許可(河川法第24条)

 河川区域内において,工作物を設置したり,採草地などとして継続的に土地を占用しようとする場合は,許可が必要となります。標準処理期間は,申請書を受理してから2~4週間程度です。

 ただし,軽易な作業などは,作業届で済む場合があります。詳しくは,当事務所へご確認ください。

 【行為内容の例】

  • 橋梁など工作物を設置したい。
  • 採草地などとして使用したい。
  • 工作物の設置等の工事により,一時的に占用したい。 etc

 【申請書及び添付書類】

  1. 申請書
  2. 位置図(1/50,000程度)
  3. 実測平面図(1/500程度で,河川区域,河川保全区域,官民境界線を入れる。)
  4. 面積計算図
  5. 丈量図(1/100程度)
  6. 公図(写し)
  7. 事業計画書(事業の場合は,計画の概要を記載した図書。)
  8. その他

  ※申請内容により,必要な添付書類が異なりますので,当事務所へお問い合わせください。

 【様式】

 (新たに占用をする場合)

 (許可後に変更が生じた場合)

 (軽易な作業の場合)

 

工作物の新設等の許可(河川法第26条)

  河川管理者以外の者が,河川区域内において工作物の新設・改築・除却等を行う場合は,河川管理者の承認が必要です。標準処理期間は,申請書を受理してから2~4週間程度です。

 【行為内容の例】

  • 橋梁や堰などを設置したい。
  • 橋梁の改修をしたい。 etc

 【申請書及び添付書類】

  1. 申請書
  2. 位置図(1/50,000程度)
  3. 実測平面図(1/500程度で,河川区域,河川保全区域,官民境界線を入れる。)
  4. 工作物の設計図(除却の場合は,構造図)
  5. 面積計算図
  6. 丈量図(1/100程度)
  7. 公図(写し)
  8. 事業計画書(事業の場合は,計画の概要を記載した図書。)
  9. その他

  ※申請内容により,必要な添付書類が異なりますので,当事務所へお問い合わせください。

 【様式】

 

土地の掘削等の許可(河川法第27条)

  河川区域内で土地の掘削を行うなどの土地の形状を変更する行為や,竹木の伐採を行う場合は,河川管理者の許可が必要となります。標準処理期間は,申請書を受理してから2~4週間程度です。

 【行為内容の例】

  • 河川区域内において,掘削,切土,盛土などを行う。
  • 河川区域内の竹林の伐採をしたい。 etc

 【申請書及び添付書類】

  1. 申請書
  2. 位置図(1/50,000程度)
  3. 実測平面図(1/500程度で,河川区域,河川保全区域,官民境界線を入れる。)
  4. 実測縦断図
  5. 実測横断図
  6. 公図(写し)
  7. 事業計画書(事業の場合は,計画の概要を記載した図書。)
  8. その他

  ※申請内容により,必要な添付書類が異なりますので,当事務所へお問い合わせください。

 【様式】

 

河川保全区域における行為の許可(河川法第55条)

  河川保全区域(有堤の場合は,法尻から20m,無堤の場合は官民境界から50mの区域)において,掘削や工作物の設置などの行為をする場合は,河川管理者の許可が必要です。標準処理期間は,申請書を受理してから2~4週間程度です。

 【行為内容の例】

  • 河川保全区域内において,掘削・盛土・切土をする。
  • 河川保全区域内の土地に住宅を建てる。 etc

 【申請書及び添付書類】

  1. 申請書
  2. 位置図(1/50,000程度)
  3. 実測平面図(1/500程度で,河川区域,河川保全区域,官民境界線を入れる。)
  4. 実測縦断図
  5. 実測横断図
  6. 工作物の設計図(除却の場合は,構造図)
  7. 作業行為面積計算図
  8. 丈量図
  9. 公図(写し)
  10. 事業計画書(事業の場合は,計画の概要を記載した図書。)
  11. その他

  ※申請内容により,必要な添付書類が異なりますので,当事務所へお問い合わせください。

 【様式】

 

本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)