ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

文化芸術による子供の育成事業【北部】

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月15日更新

 小学校・中学校等において一流の文化芸術団体による実演芸術の巡回公演を行い,または小学校・中学校等に個人又は少人数の芸術家を派遣して,子供たちに質の高い文化芸術を鑑賞・体験する機会を確保し,豊かな創造力・想像力や,思考力,コミュニケーション能力等を養います。
 また,質の高い文化芸術を表現する芸術家とのかかわりを通して,自らの在り方や生き方について主体的に探究し,「志」を高めます。


 文化庁が,講師等謝金,派遣旅費,講演等諸雑費及び本事業を実施するために必要な事務経費等を,予算の範囲内で負担します。
 主催は,文化庁,都道府県・都道府県教育委員会,実施主体となる各小学校・中学校となります。

巡回公演事業

  • 文化庁が選定した優れた文化芸術団体が,小学校・中学校等において実演芸術公演を実施します。鑑賞と合わせて文化芸術団体と児童生徒の共演参加または体験を行います。公演時間は概ね2時限分程度(80分~100分),公演回数は1回です。
  • 文化芸術団体が本公演の概ね1か月前までに実施校を訪問し,児童生徒に対してワークショップ(鑑賞指導,実技指導,共演の練習等)を行います。
≪平成30年度北部管内分の計画≫
【演目】 公演団体本公演期日実施予定校
【合唱】公益社団法人関西二期会平成30年10月24日(水曜日)加美町立小野田中学校
平成30年10月25日(木曜日)大崎市立古川第一小学校
【オーケストラ】テレマン室内オーケストラ平成30年7月4日(水曜日)大崎市立古川第五小学校
【児童劇】演劇集団 円平成30年11月12日(月曜日)大崎市立東大崎小学校
【演劇】江戸糸あやつり人形 結城座平成30年9月20日(木曜日)大崎市立鳴子中学校
平成30年9月21日(金曜日)大崎市立富永小学校
【ミュージカル】ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ平成30年9月18日(火曜日)加美町立宮崎小学校
【能楽】公益財団法人片山家能楽・京舞保存財団平成30年12月11日(火曜日)大崎市立鹿島台小学校

 

芸術家の派遣事業

  • 個人又は少人数の芸術家を派遣し,体育館等の学校施設や文化施設等の適切な施設を会場として,児童生徒や教員,保護者を対象に,講話,実技披露,実技指導を行います。
  • 同一芸術家による1校当たりの実施回数は3回以内です。また,複数の学校が合同で開催することもできます。
≪平成30年度北部管内分の計画≫
【演目】 公演者・団体本公演期日実施予定校
【演劇】高山広平成30年12月6日(木曜日)田尻さくら高等学校
【大衆芸能・落語】六華亭遊花平成30年9月27日(木曜日)田尻さくら高等学校
【伝統芸能・和太鼓】佐藤三昭(3D-FACTORY)平成30年6月5日・12日・26日(全て火曜日)大崎市立敷玉小学校

 

開催の様子

≪巡回公演事業≫大崎市立東大崎小学校 『どんどこどん こどものためのことばラエティー』

 50音と濁音,半濁音を順に唱えることだけで表現する劇や,擬音だけで表現する劇などが展開され,児童は劇のストーリーの面白さだけでなく,日本語での言葉遊びの趣を感じていた様子でした。言葉をつないで徐々に長くなる文を失敗することなく一気に話そうとする滑稽さや,発音しづらい言葉を連ねて話す“したもじり”に取り組む可笑しさに触れ,笑い声をあげて楽しんでいました。また,同時に,それをやり遂げる役者の技術力や表現力にも感動していました。実演参加では4年生が,ワークショップで学んだ絵描き歌を踊りとともに発表しました。全般に,日本語の特性や言語として良さに気付かせることに焦点を当てた公演プログラムで,文化芸術公演に触れる機会の少ない児童にとって有意義な時間となりました。
公演の様子公演の様子公演の様子
公演の様子公演の様子公演の様子