ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

北部管内防災キャンプ推進事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月19日更新

 自然災害等に主体的に対応してたくましく生き抜こうとする青少年の育成と,地域防災力の基盤となる地域コミュニティの形成・強化を目指して,避難生活体験型「防災教育プログラム」を推進します。

平成30年度実施市町≪事業委託先≫

大崎市

『こども防災教室』
  ~古川清滝地区公民館,清滝小学校,清滝地区住民による連携・協働~

 活動内容
期日学習活動概要
4月24日(火曜日)(1) 災害から自分の命を守るには? 大規模地震によって生じる危険を予想したり,適切に避難する方法を考えたりし,安全かつ迅速に行動する態度や能力を身に付けられるように訓練(「避難訓練」)します。
6月12日(火曜日)(2) 清滝地区マップを作ってみよう 事前に児童が“地域内の危険箇所”,“名所”として考えた場所を,実際に訪れて調べます。また,集会所を訪れて,自主防災組織の活動や救助資機材の管理等について説明を受けます。
6月14日(木曜日)(3) 続・災害から自分の命を守るには? 授業中に大規模地震が発生したことを想定して避難訓練を行い,その後,保護者を交えて「児童引き渡し訓練」を行います。
9月 6日(木曜日)(4) 防災って何だろう? 災害発生時に,家族や近くに居る人と一緒にどのように行動したらよいかということについて考えます。また,「防災ビンゴ」「クロスロード」「雨カッパ」「新聞スリッパ」等を製作します。
9月14日(金曜日)(5) 積水ハウス「住まいの夢工場」体験 モデルハウスを自分の家と仮定し,家の中の危険を探したり,免震や衝撃,耐火等の実験をしたりします。また,これらの体験を生かして,避難所運営での段ボール活用について考えます。
11月22日(木曜日)(6) わくわく発表会 清滝小学校学習参観において,学習(総合的な学習の時間)発表会を行います。
11月23日(金曜日)清滝地区防災デイキャンプ 児童がこれまでの学習成果を生かして“避難活動”に参画し,自主防災組織や公民館と一緒に活動して,共助の心を高めます。

『ジュニア・リーダー(中学生・高校生)による防災・減災のための地域参画』
  ~松山公民館,J・L・C「竹馬」,松山地区住民による連携・協働~

過年度の取組

清滝公民館清滝公民館清滝公民館
清滝公民館清滝公民館清滝公民館
清滝公民館清滝公民館清滝公民館


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)