ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宮城県障害者施策推進協議会について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月20日更新

宮城県障害者施策推進協議会は,障害者基本法の規定に基づき,条例で設置された合議制の機関であり,県の障害者計画(みやぎ障害者プラン)策定に当たり,県に対する意見等を述べるほか,障害者施策の推進や関係行政機関相互の連絡調整に関する調査審議等を行うこととされています。

また,平成28年10月26日に開催した協議会の了承を経て,新たに障害者差別解消法の規定に基づく「障害者差別解消支援地域協議会」としての役割・機能も担うこととなりました。

 

協議会の概要

【宮城県障害者施策推進協議会】
(名称) 宮城県障害者施策推進協議会
(組織)委員20人以内で構成
(委員)以下に掲げる者から知事が任命する(任期2年)
(1) 障害者
(2) 障害者の自立及び社会参加に関する事業に従事する者
(3) 学識経験のある者
(4) 関係行政機関の職員

 

委員名簿

協議会委員名簿(平成29年4月1日現在) [PDFファイル/80KB]

過去の議事要旨(H27~)

平成27年度

平成28年度

平成29年度

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)