ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉障がい者福祉障がい者支援施設・サービス事業所等障害福祉課サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者に係る告示改正について

サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者に係る告示改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月18日更新

サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者に係る告示改正(予定)について(平成30年4月1日)

 サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の養成研修について、大幅な見直しが予定されています。
 また、障害福祉サービス等の事業開始時の「猶予措置」が、来年度末まで延長される見込みです。

 ※改正内容は、今年度末までに厚生労働省が行う告示改正をもって確定します。この節には、現時点の情報を掲載しています。

改正告示

 ・指定障害福祉サービスの提供に係るサービス管理を行う者として厚生労働大臣が定めるもの等
 (平成18年厚生労働省告示第544号)   

 ・障害児通所支援又は障害児入所支援の提供の管理を行う者として厚生労働大臣が定めるもの
 (平成24年厚生労働省告示第230号)

1 改正内容(案)

(1) 平成31年度以降のサービス管理責任者等研修について

 研修体系の大幅な見直しや資格更新制の導入等が検討されています。
 

【参考】
今後のサービス管理責任者等研修について [PDFファイル/434KB]

(平成29年度サービス管理責任者等指導者養成研修(厚生労働省)資料より抜粋)

(2) 猶予措置の延長 

 平成30年3月31日とされていた新規指定時の「猶予措置」の適用期限を、平成31年3月31日まで延長する。

 ※これにより、新たに指定を受けた事業所・施設においては、実務経験の要件を満たす方であれば、サービス管理責任者等研修を修了していない方であっても、研修修了の要件を満たしている者とみなされ、事業開始の日から平成31年3月31日までの間に限り、サービス管理責任者又は児童発達支援管理責任者として従事することができます。
 *事業開始の日が平成29年度中の場合は、当該日から一年間に限る。

 

【参考】
サービス管理責任者及び児童発達支援管理責任者の配置に係る猶予措置の延長について(平成29年12月14日厚生労働省事務連絡)[PDFファイル/152KB]
 ※本事務連絡に伴い、下記Q&Aの内容にも一部変更が生じる見込みです。

2 施行日

 平成30年4月1日(予定)

 

サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者に係る告示改正について(平成29年4月1日)

 平成29年4月1日から、サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者の要件が変更されました。

改正告示

 ・指定障害福祉サービスの提供に係るサービス管理を行う者として厚生労働大臣が定めるもの等
 (平成18年厚生労働省告示第544号)   

 ・障害児通所支援又は障害児入所支援の提供の管理を行う者として厚生労働大臣が定めるもの
 (平成24年厚生労働省告示第230号)

1 実務経験一覧表 (平成29年度版)

 今回の改正を反映した実務経験一覧表については、下記をご確認ください。

 

2 改正内容

(1) サービス管理責任者

「国家資格を有する者」について(「一覧表」第4号)

 「資格に係る業務に従事した期間」を「5年以上」から「3年以上」に改める。
 ※資格者となるには、相談支援又は直接支援に係る実務経験が3年以上であることが併せて必要

直接支援の業務の定義

 「日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、生活能力の向上のために必要な訓練その他の支援を行い、並びにその訓練等を行う者に対して訓練等に関する指導を行う業務」が含まれていることを明確にする。
 

(2) 児童発達支援管理責任者

実務経験に算入できる施設・事業
  1. 下記の施設を追加
    助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設、児童家庭支援センター、児童養護施設、児童心理治療施設及び児童自立支援施設
     
  2. 下記の事業を追加
    児童自立生活援助事業、放課後児童健全育成事業、子育て短期支援事業、乳児家庭全戸訪問事業、養育支援訪問事業、地域子育て支援拠点事業、一時預かり事業、小規模住居型児童養育事業、家庭的保育事業、小規模保育事業、居宅訪問型保育事業、事業所内保育事業、病児保育事業及び子育て援助活動支援事業
相談支援の業務・直接支援の業務の定義
  1. 「相談支援の業務」、「直接支援の業務」の対象者に児童を追加
  2. 「直接支援の業務」の定義について、「日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、生活能力の向上のために必要な訓練その他の支援を行い、並びにその訓練等を行う者に対して訓練等に関する指導を行う業務」が含まれていることを明確にする。
児童又は障害者の支援に従事した期間について

 従来の要件に加え、障害児者又は児童に対する支援を内容とする業務に従事した期間が通算3年以上であることを課す。
 ※介護保険法によるサービス等、高齢者への支援経験だけでは、実務経験の要件を満たせなくなります。

経過措置について

 平成29年3月31日において現に存する指定障害児通所支援事業所又は指定障害児入所施設については、同日において現に児童発達支援管理責任者として置かれている者であって改正前の規定による実務経験者の要件を満たす者を、平成30年3月31日までの間は、児童発達支援管理責任者として置くことができるものとする。
 

3 施行日

 サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者どちらについても平成29年4月1日
 

4 Q&A

 本件について、よくある質問をまとめました。

平成29年度宮城県サービス管理責任者等研修に係るQ&A(平成29年10月2日障号外) [PDFファイル/215KB]

※平成29年9月1日時点の情報を元に作成した参考資料となります。
※今後の制度改正等により内容が変更される場合がありますので、必ず予め各指定権者等にご確認ください。
※「宮城県サービス管理責任者・児童発達支援管理責任者研修に係るQ&A」(平成28年6月2日障号外)は廃止します。
※問6について、適用期限は平成30年度末まで延長の見込み(平成29年12月14日厚生労働省事務連絡を参照)

 

【参考】

【厚生労働省資料】サービス管理責任者 [PDFファイル/42KB]

【厚生労働省資料】児童発達支援管理責任者 [PDFファイル/52KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)