ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「交通遺児等教育手当」の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

「交通遺児等教育手当」とは

制度の概要

宮城県教育委員会では,義務教育諸学校に在籍する交通遺児及び海難遺児を養育する世帯に対して,遺児を激励し,健全な育成を図ることを目的に「交通遺児等教育手当」を支給しています。この制度は昭和49年度に創設されました。手当の財源の多くは皆さまからの寄附金により賄われています。

手当の支給

交通遺児等1人につき,月額3000円を支給します。支給は,7月,11月,3月の3回に分けて行います。

また,寄附が多く寄せられた場合には一時金を支給する場合があります。一時金を支給する場合は3月に行います。

規則・要領等

交通遺児等教育手当支給要領等をご覧ください。

交通遺児等の現況

平成29年8月31日現在の認定数です。

交通遺児等の現況
 世帯数(世帯)遺児数(人)(うち小学生)(うち中学生)
合計38512031
(うち 交通事故)36472028
(うち 海難事故)2303