ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育学校教育学校安全交通・海難遺児への支援受給希望の方・受給中の方へのご案内|交通遺児等教育手当

受給希望の方・受給中の方へのご案内|交通遺児等教育手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

受給に関する手続きのご案内|交通遺児等教育手当

交通遺児等教育手当の受給を申請する

申請

新たに手当を受給しようする場合は,「交通遺児等教育手当受給資格認定申請書(様式1号)」に必要書類を添えて申請してください。

申請は,交通遺児等が県内の小学校,中学校又は特別支援学校の小学部若しくは中学部に就学している児童,生徒であることから,私立学校の児童,生徒も可能です。

申請時に提出する書類(支給要領第7条)
  1. 交通遺児等教育手当受給資格認定申請書(様式1号)
  2. 養育者及び交通遺児等の住民票(世帯全員のもの)
  3. 在学証明書(交通遺児等が在学する学校の学校長が発する証明書)
  4. 事故証明書等(警察署長又は漁業協同組合長の発する証明書)
  5. 死亡診断書等(死体検案書又は海上保安本部長の死亡報告書)

上記をそれぞれ1部提出してください。

認定

申請があった場合,受給資格の確認等を経て,宮城県教育委員会教育長が認定します。

認定書をお送りしますのでなくさないように保管ください。

支給

支給要領第8条により,手当を受給する養育者となった日(受給資格者となった日)が属する月から支給を開始します。ただし,申請書の提出が,受給資格者となった日の属する月の翌月から2か月を経過していた場合は,申請書の提出された日が属する月から支給を開始し,手当を支給すべき事由が消滅した日の属する月で支給は終了となります。

支給額は,交通遺児等1人につき月額3,000円です。

支給は,7月,11月,3月の年3回に分けて行います。また,寄附が多く寄せられた場合は,一時金を支給する場合があります。

手当受給中の方の現況変更があった場合の手続

「交通遺児等教育手当支給要領」には,手当を受給している方の現況に変更があった場合,直ちに届出ることになっています。

このような時には手続が必要です

養育している遺児が中学校を卒業した場合

養育している遺児が中学校を卒業した場合は,支給要領第3条に定義する「交通遺児等」ではなくなるため支給要領第9条2号に該当しますので,「交通遺児等教育手当等受給資格喪失等届(様式第2号)」を提出してください。

養育している遺児が中学校へ進学した場合

養育している遺児が小学校を卒業し,中学校へ進学した場合は,支給要領第10条に規定する認定内容の変更に該当しますので,「交通遺児等教育手当認定内容変更届(様式第3号)」を提出してください。

養育している遺児が宮城県内の学校へ転校した場合

養育している遺児が県内の学校へ転校した場合は,支給要領第10条に規定する認定内容の変更に該当しますので,「交通遺児等教育手当認定内容変更届(様式第3号)」を転入校へ提出してください。

養育している遺児が宮城県外の学校へ転校した場合

養育している遺児が宮城県外の学校へ転校した場合は,支給要領第3条に定義する「交通遺児等」ではなくなるため支給要領第9条2号に該当しますので,「交通遺児等教育手当等受給資格喪失等届(様式第2号)」を転出校へ提出してください。

遺児等の弟妹が小学校に入学した場合

養育している遺児等の弟妹が小学校へ入学した場合に支給要領第3条に定義する「交通遺児等」に該当します。この場合は遺児等の追加認定を受ける必要がありますので,「交通遺児等教育手当受給資格認定申請書(様式1号)」を提出してください。申請書を作成する際,既に認定されている児童,生徒の氏名は朱書きしてください。

手当を受給している養育者が再婚した場合

手当を受給している養育者が再婚した場合,養育している遺児は支給要領第3条に定義する「交通遺児等」ではなくなるため,支給要領第9条2号に該当しますので,「交通遺児等教育手当等受給資格喪失等届(様式第2号)」を提出し届出てください。

【参考】交通遺児等教育手当支給要領(抜粋)

(定義)

第3条(1),(2) 略

(3) 交通遺児等 次のすべてに該当する児童,生徒をいう。

イ 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する県内の小学校,中学校又は特別支援学校の小学部若しくは中学部に就学している児童,生徒であること。

ロ 交通事故又は海難により,その養育している父母の一方又は双方が死亡した児童,生徒であること。

ハ 現に前記「ロ」の死亡した父母に代わる父母がいない児童,生徒であること。

(支給要件)

第4条 手当は,交通遺児等を養育している者に支給する。

(受給資格喪失等の届出)

第9条 受給資格者は,次の各号のいずれかに該当する事実が生じた場合においては,直ちにその旨を交通遺児等教育手当等受給資格喪失等届(様式第2号)により教育長に届け出なければならない。

(1)交通遺児等を養育しなくなった場合

(2)交通遺児等の一部又は全部の者がその要件を欠くに至った場合

手続に関するお問い合わせ

申請手続,現況変更の届出等についてお問い合わせがありましたら,まずは遺児等が通っている学校へお問い合わせください。問合せにより,市町村教育委員会または所管する教育事務所,宮城県教育庁スポーツ健康課で対応します。

私立学校の場合は,学校または宮城県教育庁スポーツ健康課へお問い合わせください。