ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

概要(調整班)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月24日更新

高等学校等育英奨学資金貸付制度とは

高等学校等育英奨学資金貸付制度は,保護者等が宮城県内に住所を有し,「高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部)と専修学校の高等課程(以下「高等学校等」といいます。)に在学する優れた生徒であって経済的理由により修学に困難がある人」に修学に必要な学資の一部を(以下「奨学資金」といいます。)をお貸しするものです。高等学校等育英奨学資金貸付は,これまで「日本育英会」が行ってきた高校奨学金の地方移管を受け宮城県が新しく創設した奨学資金貸付制度です。
※対象となる生徒は,平成17年度以降新たに高等学校等(高等学校・中等教育学校の後期課程・特別支援学校の高等部・専修学校の高等課程)に入学(進学)した,優れた生徒で経済的理由により修学に困難がある方です。
※高等専門学校(高専)及び平成16年度までに高等学校等に進学した生徒は「日本育英会」を引き継いだ「日本学生支援機構」の対象者となります。

奨学生資格

  1. 高等学校等に在学していること。(予約奨学生は中学校第3学年に在学し次年度に高等学校等に進学予定であること。)
    ※高等学校等=高等学校・中等教育学校の高等課程・特別支援学校の高等部・専修学校の高等課程。
  2. 保護者(親権者又は未成年後見人)が県内に住所を有していること。
  3. 学力及び資質が優れていると認められること。[学力基準][人物基準]
  4. 経済的理由により修学に困難があること。[家計基準]

対象学種

高等学校,中等教育学校の後期課程,特別支援学校の高等部,専修学校の高等課程。
※高等専門学校(高専)は対象外です。日本学生支援機構の対象となります。

貸付月額

貸付月額
区分 国・公立私立
自宅通学者18,000円30,000円
自宅外通学者23,000円35,000円

貸付期間

奨学生として採用された月(通常は4月)から学校を卒業する月(正規の修業年限の終わる月)までです。正規の修業年限を超える貸付けは行いません。
ただし,緊急採用奨学生は申請のあった月からその年度内限り(申請により翌年度の3月まで延長することがあります。)です。

貸付方法

奨学金は,原則として毎月13日ごろに届出のあった奨学生本人口座に直接振込みます。
ただし,年度始・年度末等は下記のとおり複数月分をまとめて振込みます。

予約・在学採用奨学生の場合
貸付月 4月5月6月7月8月9月~12月1月2月3月
1学年(予約)6月各月2月
貸付開始学年(在学)8月各月2月
最終学年5月各月1月
上記以外の学年5月各月2月

緊急採用の場合は,申請書類を審査し,奨学生として採用された月分からとなります。
ただし,初回の振込みは事務処理の関係で複数月分をまとめて振込む場合があります。

採用(募集)方法

採用方法
区分 内容募集時期
予約中学校3年生を対象に次年度の高等学校等入学を条件に奨学生として内定を行います。
※入学後,本採用の手続きが必要となります。
8月
在学高等学校等在学者を対象に毎年1回定期採用を行います。4月
緊急保護者の失職や災害等により家計状況が悪化した場合に緊急に採用を行います。随時


採用(募集)の具体的な流れについては,応募方法のページを参照してください。

貸付休止・停止

貸付休止

奨学生が次のいずれかに該当するときは,その期間は,貸付けを休止します。

  1. 休学したとき。
  2. 停学の処分を受けたとき。
  3. 長期にわたって学習を中断したと認められるとき。
  4. 同一の学年を重ねて履修(原級留置)するとき。
  5. その他奨学資金の貸付けを受けることが適当でないと認められるとき。

貸付停止

奨学生が次のいずれかに該当するときは,貸付けを停止(奨学生資格の喪失)します。

  1. 奨学生資格を満たさなくなったとき。
  2. 貸付けを辞退したとき。
  3. 偽りその他不正の手段により奨学資金の貸付けを受けたと認められるとき。
  4. 奨学資金を学資以外の用途に使用したと認められるとき。
  5. その他奨学資金の貸付けの目的を達成する見込がなくなったと認められるとき。

償還

貸付満了後,6ヶ月経過後から年賦,半年賦,月賦,月賦+半年賦(併用)により償還することになります。
詳しくは,償還方法のページを参照してください。

利息

無利息です。(ただし,期限までに償還されなかったときは,違約金が加算されます。)

根拠法令

高等学校等育英奨学資金貸付条例(平成16年宮城県条例第4号)[PDFファイル/116KB]
高等学校等育英奨学資金貸付条例施行規則(平成16年宮城県教育委員会規則第5号)[PDFファイル/175KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)